『阪神大賞典 2017の穴馬探しPART1』シベリアン

「阪神大賞典」の
穴馬探しをお届けします。

 阪神大賞典は19日(日)に
阪神芝3000mで行われる
天皇賞春の前哨戦です。

さっそく、当レースの
 ポイントをご紹介しましょう。

 【ポイント1】
 荒れない

→まずは当たり前かつ単純な
 ことから記しておきます。
 阪神大賞典はあまり荒れません。

 競馬のレースは、距離が長い
 ほど、そして上位人気馬の質=
 確実性が高いほど荒れにくい
 ものですが、両方に該当する
当レースはその典型です。

 最近の阪神大賞典は少し
 メンバーの「質」が低調に
見えることもありますが
 それでもG1の根幹ステップ。
 依然として「荒れにくい」
レースの質は維持しています。
 近4年すべて3連単1万円割れ。
1番人気馬も崩れておらず
近10年(3.4.2.1)と馬券圏を
 ほとんど外していません。

 今年はサトノダイヤモンドが
間違いなく1番人気ですが、
 馬券の対象から外すのは
「阪神大賞典だけに」無謀と
 キモに銘じておきましょう。

ただ、1番人気馬は近10年で
(3.4.2.1)。つまり2・3着に
取りこぼすケースはしばしば
 ありますから、そこは馬券の
狙い目のひとつにはなるかも
 しれません。

 【ポイント2】
グレイソヴリン持ちの
馬を要チェック

→屈指のパワーコース阪神。
しかもタフな長距離レース。
ゆえに、阪神大賞典は
 パワー&スタミナの権化・
 トニービンらに代表される
「グレイソヴリン」の血を
持つ馬の好走が非常に多い。
ある意味「必然の事象」と
言えましょう。

 近5年好走馬15頭の血統を
見てください。◆印付き=
 組成内にグレイソヴリンを
含む馬ですが下記15頭中、
 半分の7頭を占めます。

12年1着 ギュスター(3)◆
 12年2着 オルフェ-(1)
12年3着 ナムラクレ(5)◆
 13年1着 ゴールドシ(1)
13年2着 デスぺラ-(3)◆
 13年3着 フォゲッタ(5)◆
 14年1着 ゴールドシ(1)
14年2着 アドマイヤ(5)◆
 14年3着 バンデ  (3)
15年1着 ゴールドシ(1)
15年2着 デニムアン(7)
15年3着 ラストイン(2)
16年1着 シュヴァル(1)◆
 15年2着 タンタアレ(4)
15年3着 アドマイヤ(3)◆

(カッコ数字)は人気順

 【ポイント3】
 「前走が2月重賞」の馬の
成績があまり良くない

→タイトルどおり。
 当レースの近10年の前走別・
成績を診て下さい。

 有馬記念   複勝率50% 3.1.1.5
日経新春杯     56% 2.1.2.4
京都記念      28% 2.1.2.13
ダイヤモンド    23% 3.1.1.5
オープン特別    25% 0.2.0.6
準オープン以下   10% 0.1.1.19

前走で有馬記念や日経新春杯を
使い、一息入れて当レースに
出走してきた馬のアベレージが
秀逸です。

 逆に前走で「2月の重賞」=
ダイヤモンドS・京都記念を
使っていた馬の成績が低調。

ダイヤモンドS・京都記念を
使ってさらに阪神大賞典と
 なると「スタミナ戦の連戦」で
厳しいのかもしれませんし、
パワーも必要な阪神大賞典と
両レースの質が、あまり似て
 いないことも不振に繋がって
 いるのかもしれません。

 【ポイント4】
 関東馬がサッパリ

→近10年で(0.1.0.19)。
そもそも近年は要スタミナの
 レースで関東馬が全体的に
不振の傾向です。

 【ポイント5】
 「6歳以上」は好走確率が
一気にダウン

→近10年の馬齢別・成績を
診てください。4・5歳と
6歳以上とではアベレージが
 ダブルスコア以上の開きが
 あります。

4歳   複勝率41% 4.7.1.17
 5歳      36% 2.2.5.16
 6歳      12% 2.0.1.22
 7歳上     18% 2.1.3.27

以上5点を鑑みたうえで、
 今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。