『競馬はデータで勝ち切る!皐月賞 2017』後藤博

今日は牡馬クラシック第1弾、皐月賞ですがまぁー難解ですなー汗

オッズを見ても分かるように1番人気が牡馬の重賞ウィナーを押しのけて
牝馬限定の1800M戦フラワーカップを勝っただけのファンディーナ。

この馬が皐月賞を勝つとは到底思えず陣営もソウルスターリングと
勝負を避けての皐月賞参戦という記事を目にするくらいだから馬券
買う我々が迷うのも当然の事。

過去10年間の勝ち馬を人気別に見ると8番人気まで数字が残っていて
皐月賞が行われる時点では毎年各出走馬の力関係を正確に判断出来ていない
という事にもなっていて特に今年は多くの馬が勝つチャンスがありオッズも
割れているのでしょう。

混戦模様のレースを検討するにはシンプルに考えるのが後藤博流。

ステップレースとしては最近では有名であなたもご存知の通り共同通信杯からの
経由が抜群。

勝率 40% 連対率 40% 複勝率 60%
単勝回収率 477% 複勝回収率 186%

今年の該当馬スワーヴリチャードは右回りに難があるとも言われていますが
そんな事は走ってみなければ分からない事だしそれは調教師の仕事
馬券を買う我々が気にしてもしょうがない事。

騎手ですがやはりルメール、デムーロは抜群の成績を残していますが
穴処だとアダムバローズに騎乗する池添が騎乗回数は少ないのです
勝率30%を上げていて人馬ともに穴になりそう。

大舞台に強いデムーロ。

勝率 17.6% 連対率 47.1% 複勝率 52.9%
単勝回収率 77% 複勝回収率 84%

常識的にアーリントンCを勝った馬を皐月賞で狙うのは厳しいです
大舞台の混戦で人気にはなっていないデムーロなら狙っても面白い
思っています。

この2頭はさほど人気にはなっていなく極端な穴ではないですが今年の
皐月賞はスワーヴリチャード、ペルシアンナイトの2頭で勝負してみる
つもりです。

★後藤博 本日の狙い

中山 11R 2 スワーヴリチャード
中山 11R 7 ペルシアンナイト

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。