『弥生賞2021のレース考察』西城つよし

 

今回は弥生賞です。

 

昨年は固い決着となりましたが、

一昨年はリッチ馬券になっていますので、

今回も楽しみですね。

 

荒れることも期待しながら、

賢くデータ分析を駆使し、

好走馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【7-5-0-41】

2着

【0-1-4-6】

3着

【0-1-2-8】

4着

【1-2-1-6】

5着

【2-0-2-1】

6~9着

【0-1-1-16】

10着以下

【0-0-0-8】

 

この中では、やはり前走勝ち馬が優秀なデータとなっています。

 

6着~9着馬で2頭馬券になっていますが、

2頭とも前走は阪神を使ってきている馬でした。

 

 

次に場所別データ。

東京

【3-2-0-25】

中山

【2-1―7-29】

京都

【4-3-1-16】

阪神

【1-4-2-8】

 

前走京都を使ってきた馬たちの好走率が頭一つ高く、

前走阪神組の複勝率が46.7%でしたが、

今回は該当馬がいなさそうでしたね。

 

前走東京組は単勝回収値が184%だったので、

注目馬が該当したら積極的に狙っていきたいところです。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【4-2-0―4】

2番人気

【3-1-2-4】

3番人気

【0-1-2-7】

4番人気

【0-2-2-6】

5番人気

【0-0-3-7】

6~9番人気

【3-3-0-34】

10番人気以下

【0-1-1-25】

 

1.2番人気は信頼度の高いデータとなりました。

 

複勝率がともに60%も素晴らしいですね。

 

他に注目したいのが中人気馬の6~9番人気の馬が、

単勝回収値220%でしたので、

1発を狙うとしたら、ここから選びたいところ。

 

今年はどんな決着をし、どんな配当になるのか非常に楽しみな一戦になりそうです。

 

今週も忙しく働かせてもらったので、

競馬でリフレッシュさせていただきます。

 

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?