『第67回 エンプレス杯(JpnII)(キヨフジ記念)【指定交流】予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着6回、2着2回、3着1回、
2番人気は1着2回、2着0回、3着4回、3番人気は1着0回、2着3回、3着1回の成績で
1番人気は高い勝率、連対率を残しています。
所属別ではJRA所属馬が10勝と圧倒しています。
2着こそ地方馬が4回来ていますが上位陣はJRA所属馬が優勢です。
好走している多くの馬はTCK女王盃の上位馬や前年のJBCレディスクラシック、
クイーン賞のダートグレード競走で結果を残している馬です。
推奨馬は3頭です。

  • 1枠1番マドラスチェック
    前走のTCK女王盃は2番手の好位を追走していましたが、直線に入ってから伸びずに4着と結果は出ませんでした。
    休み明けで馬体重もあった前走を叩いた上積みが見込めるのは好材料で斤量も1kg減での出走もプラス材料です。
    3歳時に関東オークスで2着とコース経験もあり前走から巻き返して逆転があってもいい1頭と思い同馬を推奨します。
  • 2枠2番レーヌブランシュ
    前走のTCK女王盃は好位でレースをして直線の伸びも悪くありませんでしたが、
    後ろにいたマルシュロレーヌに交わされて2着でしたが連対する好走でした。
    今回は前走から1kg増ですが昨年の関東オークスで勝利している舞台で距離延長は好材料です。
    前走に続き好走は可能と思い上位争いが出来る1頭と思い同馬を推奨します。
  • 6枠7番ダノンレジーナ
    前走の東京シンデレラマイルは4番手から直線に向いて空いた内から伸びて2馬身差をつけて快勝する好内容のレースでした。
    今回は初距離、初コースですが2000mで連対実績もあり対応可能と思っています。
    昨年のJBCレディスクラシックは4着で地方馬最先着していて、
    ダートグレード競走で相手が強くなっても好勝負可能で狙いたい1頭と思い同馬を推奨します。

TCK女王盃を勝利していて安定した成績を残しているマルシュロレーヌを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は3月10日(水)第12回フジノウェーブ記念(SIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録