『第14回 ユングフラウ賞(SII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着4回、2着1回、3着1回、2番人気は1着2回、2着1回、3着3回、
3番人気は1着0回、2着3回、3着1回の成績で4番人気以下と上位人気の成績は同程度です。
所属別では船橋5勝、大井3勝、川崎、浦和が1勝で船橋所属馬が勝率が高く
連対率では2着が5回ある川崎所属馬も悪くありません。
東京2歳優駿牝馬の連対馬をはじめ重賞で連対実績を持っている馬の好走率が高いです。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠6番ジョーストーリー
    前走のシンデレラオープンは逃げて4馬身差の勧奨と言っていい好内容のレースで勝利でした。
    3走前にはローレル賞でも逃げて3着と重賞でも好走している実績があります。
    浦和で4勝とコース適性は最も高い1頭と思っています。
    得意としている走り慣れたコースで逃げる競馬が出来れば重賞でも上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 5枠5番スティールルージュ
    前走の東京2歳優駿牝馬は2番手の好位からの競馬でしたが直線で止まってしまい16着と大敗でしたが、
    2走続けての遠征の影響もあり評価を下げる1戦ではないと思っています。
    ローレル賞、フルールカップと重賞2勝と持っている実績は上位で、
    初距離でも勝利している左回りに替わるのはプラス材料で、
    好勝負可能と思い同馬を推奨します。
  • 6枠8番グラーツィア
    前走が南関東移籍初戦で6着と結果は出ていませんが、
    ラブミーチャン記念2着、園田プリセンスカップで逃げ切り勝ちと小回りコースの重賞で好走実績を残しています。
    左回りは初めてになりますが、1400mの重賞を勝利していて、コース適性は悪くないものを持っていると思っています。
    好位からの競馬も出来る1頭で巻き返し可能と思い同馬を推奨します。

前走が初の重賞挑戦で逃げて5着に入ったロマンスロードを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は3月2日(水)第68回エンプレス杯(JpnII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

田中洋平がすぐ使えるコンピ攻略法をプレゼント