『TARGETにあるブルーオーシャンを知っているか?』田中洋平

 

3月13日(土)の7~8レースくらいの時間帯、

中山競馬場の降雨量がすごかったですね。

 

実況アナウンサーの人が、

こんな雨は台風接近時以外は見たことがない!と

言っていたのが中山7レースのスタート前。

 

そして次の8レースになったら、

もっと雨がひどくなっている。

 

スタート地点がほぼ見えない状況で、

思わず笑ってしまったほど。

 

すぐに開催中止にならないよな?と不安がよぎったのですが、

大丈夫でしたー。

 

そんなドシャ降りに見舞われた中山7レースと8レースは、

どちらも1番人気はルメール騎手。

 

でも中山7レースは、

ノヴェリスト産駒のインフォーマントという馬に騎乗して6着。

 

もっとも雨が激しかった中山8レースは、

キングカメハメハ産駒のヴァイスメテオールという馬に乗って1着。

 

ヴァイスメテオールは他馬とレベルが違ったという勝ち方でしたが、

後方で焦らずにじっくりと脚をためた、ルメール騎手の好騎乗が光った印象。

 

3コーナー途中から外めを進出して仕掛けた、

2番人気のアンダープロットは、

距離ロスが響いてか、直線半ばで失速して5着でしたからね。

 

ドシャ降りなどのレース環境が悪い時ほど、

騎手の腕の違いが出るんだろうなーなんて思いながら、

レース中継を観ていて、あることが気になる。

 

それは人気馬の馬場別の成績。

 

よく言われるのが、

人気を作る各紙のトラックマンが印を打つのは、

週末の販売に合わせて水曜日か木曜日だそう。

 

印刷したりと新聞を作る工程があって、間に合わないですからね。

 

ということで、

週末の天気までは完璧に予測できないことが多い。

 

そのため、基本は良馬場を想定して予想している。

 

この話は、聞いたことがあるでしょう。

 

つまりドシャ降りのレースで、

競馬新聞やスポーツ新聞のシルシを参考に予想するということは、

まったく的外れの予想になる場合がある。

 

そんな競馬ファンたちが作った1番人気だから、

馬場が悪くなると、成績が落ちるのは無いか?と予測することができます。

 

さらに言うと、

各新聞のシルシを集計したコンピ指数なんて、

もっと成績が落ちることが予測できます。

 

ということで、データを見てみましょう。

 

 

さすがに不良馬場までドロンコになるとガタ落ちになりますが、

稍重、重馬場くらいであれば、それほど良馬場と変わらない。

 

私が想定したイメージとはちょっと違いました。

 

残念!なんて思いながらTARGETをポチポチしていたら、

あることに気付きました!

 

 

いかがですか?

 

この画面をみて、何かが足りないことに気付きませんか?

 

そうです!

 

赤枠の中に障害レースの馬場別の成績がないのです。

 

ジャンプして竹柵などを飛越する障害レースこそ、

馬場の良し悪しが成績に影響しそうですよね?

 

なのにTARGETでは見れない。

 

最近思うのは、

TARGETは厩舎関係者やメディアの人も使うので、

もはや普通に見れるデータだけでは儲からない。

 

パッと見れるようなデータは、

すでにレッドオーシャン化しているということ。

 

だからこそ、

TARGETでは普通に見れないデータを使わないとダメ。

 

それがTARGETのブルーオーシャンなのです。

 

そして今回の障害レースの馬場データも、

普通に見れないので、ブルーオーシャンになるはず。

 

ということで、どこかで見れないかをポチポチと探すと、

ここにありました。

 

 

まず①番のボタンで、障害レースだけを表示させると分かりやすい。

 

次に②番の▼ボタンを押して、③番で馬場の種類を選択。

 

細かくは見れないですが、これでザックリは見ることが出来ます。

 

よっしゃーっ!と思ったのですが、

とくに妙味は無かったです。

 

 

うーん、残念。

 

まーこのように表面的にパッと見えないデータが、

勝利にググっと近づくTARGETのブルーオーシャンになります。

 

なんとなく理解できたでしょうか?

 

ぜひこのブルーオーシャンを、ガシガシと探してみてください。

 

参考になれば幸いです。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録