『皐月賞2021のレース考察』西城つよし

 

今回は3歳クラシックの第2戦である皐月賞。

 

固い決着が多いイメージではありますが、

今年は実力が拮抗していて、

抜きんでた馬がいないので配当にも期待ができます。

 

どの馬か予想が難しいほど、

データ分析を駆使し好走馬を見極めていきましょう。

 

※東京開催を除いた9年分のデータ

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【7-6-5―45】

2着

【2-1-2-25】

3着

【0-0-2-18】

4着

【0-2-0-12】

5着

【0-0-0-5】

6~9着

【0-0-0-20】

10着以下

【0-0-0-5】

 

勝利するには前走で連対していないと勝てないというデータとなり、

前走勝ち馬の単勝回収値が100%を超えていたので、

迷ったらここから絞りだすのが良さそうです。

 

 

次にレース別データ。

G1

【2-1―0-0】

G2

【2-5-5-61】

G3

【5-1-3-29】

OP特別

【0-2-1-30】

 

母数は少ないですが前走G1を戦ってきた馬は連対を外していないデータとなり、

ここに前走連対の条件を加えると、

オーソクレースがデータ上、1歩優勢。

 

と思いきや皐月賞見送るという報道があり、

更に混戦ムードが高くなりそうですね。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【3-1-1―4】

2番人気

【1-3-0-5】

3番人気

【1-2-3-3】

4番人気

【1-2-1-5】

5番人気

【0-0-0-9】

6~9番人気

【3-1-3-29】

10番人気以下

【0-0-1-75】

 

1番人気はまずまずの安定度といったところですが、

上位4番人気までの好走率は、

ほぼ変わらないと考えても良いかもしれません。

 

やはり気になるのは、

6~9番人気馬たち。

 

過去9年で7頭馬券に絡んでおり、

特に8、9番人気の馬の好走率が多少高く、

単勝回収値、複勝回収値ともに満足いく数字でした。

 

もし注目馬がここに該当したらチャンスかもしれませんよ。

 

今週もコロナのせいで遊びに行けず、

仕事ばかりしていた一週間になりますが、

早く落ちついてくれることを祈りながら、

週末は競馬に打ち込みストレスを発散させましょう。

 

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?