『七夕賞2021のレース考察』西城つよし

 

今回は七夕賞です。

 

ハンデ重賞ということで波乱が多いイメージがありますよね。

 

2018年には250万馬券も出ているので、

今回も期待できるだけに、

データ分析を駆使し好走馬を見極めていきましょう。

※中山開催だった2011年を除いた過去9年分のデータ

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【0-1-3―7】

2着

【2-1-1-8】

3着

【0-2-0-9】

4着

【0-2-1-5】

5着

【1-0-0-5】

6~9着

【2-0-2-34】

10着以下

【4-3―2-41】

 

荒れる傾向にある通り、

前走10着以下に敗れてしまった馬の巻き返しが目立ちます。

 

当レースでは前走の結果を抜きに考えた方が良さそうですね。

 

 

次に年齢別データ。

4歳

【2-2-1-9】

5歳

【3-2―2-29】

6歳

【3-4-5-35】

7歳

【1-0-0-20】

8歳

【0-1-1-0】

 

どこからでも馬券にはなっていますが、

頭一つ4歳馬の好走率が高いようです。

 

登録馬の中では2頭該当しますので、

注目しておきたいですね。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【2-1-1―5】

2番人気

【1-1-0-7】

3番人気

【3―0―1-6】

4番人気

【0-1-0-6】

5番人気

【1-2-0-6】

6~9番人気

【0-3-3-30】

10番人気以下

【2-1-5-47】

 

上位人気1~3番人気馬は過去9年で10頭馬券に絡んでおり、

逆に10番人気以下は8頭と上位人気馬たちと、

そこまで変わらないデータとなっております。

 

荒れるレースなだけに、

やはり下位人気馬に目を向けたいところです。

 

この荒れるレースを的中させ、

下半期のスタートダッシュを決めましょう。

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?