『第2回 ゴールドジュニア(SIII) 予想』斉藤イサオ

昨年から重賞に昇格して1400m戦として行われていましたが、今年は距離が1200m戦になった南関東の2歳重賞の1戦目です。
準重賞時も含めた過去10年で1番人気は1着1回、2着3回、3着1回、2番人気は1着5回、2着0回、3着1回、
3番人気は1着0回、2着2回、3着2回の成績で、2番人気が3連勝中と勝率も高くなっています。
所属別では大井6勝、船橋3勝、川崎1勝で大井所属馬が2着7回も含めて好成績を残しています。
昨年の上位4着までが前走1着の成績を残していて、距離こそ変更になっていますが、前走1着馬が好走しています。
推奨馬は3頭です。

  • 1枠1番コパノミッキー
    北海道からの移籍馬で2走続けて1200mのJRA認定ターフチャレンジで逃げ切り勝ちをしています。
    唯一6着に負けた栄冠賞は上位馬の4頭が重賞を勝っていて好メンバーが揃っていて評価を下げる1戦ではありません。
    移籍初戦になりますが1度騎乗している笹川騎手が手綱を取るのは好材料で
    能力はここでも通用すると思い同馬を推奨します。
  • 5枠6番グロリアスセプター
    前走の新馬戦は後方からのレースで直線に入ってから1頭違う脚で後続を5馬身差で1秒突き放す強い勝ち方でデビュー戦勝利を収めました。
    レース経験は1戦と少ないですが前走見せた末脚は重賞のここでも通用していい魅力があり、
    森騎手への乗り替わりもプラス材料と思い好材料が揃っています。好勝負が可能な1頭と思い同馬を推奨します。
  • 4枠5番カプティフ
    前走は中団からのレースで差し切り勝ちで1着と1200m戦で2連勝しています。
    9着と大きく負けた1戦は1400m戦で、1200m戦は6戦して3勝、2着1回と悪くない成績を残しています。
    今年は同馬が3勝している舞台に距離が変更となっているのもプラス材料と思っています。
    間隔を詰めて使う事を苦にするタイプでもなく、上位争いしてもいい1頭と思い同馬を推奨します。

フレッシュスター特別1着で連勝中のママママカロニ、
同2着のコーミズアムールを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は9月23日(木)第32回テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

データ競馬:TARGET frontier JV


・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓