『アルゼンチン共和国杯2021のレース考察』西城つよし

 

今回はアルゼンチン共和国杯。

 

高配当に期待ができるハンデ戦で、

昨年は20万馬券も出ているので、

今年もデータ分析を駆使し好走馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【2-2―4-16】

2着

【2-0-1-7】

3着

【0-4-2-7】

4着

【2-1-0-9】

5着

【1-0―0-9】

6~9着

【3-3-2-39】

10着以下

【0-0-1-42】

 

馬券の中心は前走で4着までに入った馬になりそうです。

 

前走6着~9着に敗れてしまった馬でも、

当日人気2.3番人気にあれば複勝率は100%でしたので、

該当馬がいたら積極的に狙いたいです。

 

 

次に前走クラス別データ。

G1

【3-1-1-9】

G2

【4-4―2-54】

G3

【0-0-1-15】

OP特別

【1-2-2-35】

3勝クラス

【2-3-3-17】

 

やはり前走で格の高いG1を使ってきた馬の成績が、

頭一つ抜けていますね。

 

ちなみに3勝クラスで馬券になった8頭は、

8頭とも奇数番で馬券になっていたことが分かりました。

 

もし興味のある馬が奇数番でのスタートの場合は、

期待したいところです。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【2-2-1-5】

2番人気

【4-0―0-6】

3番人気

【3―1-5-1】

4番人気

【0-4-0-6】

5番人気

【0-1-0-9】

6~9番人気

【1-2-3-34】

10番人気以下

【0-0-1-70】

 

勝ち馬9頭は3番人気までで、

2、3番人気は単勝回収値100%を超えていました。

 

しかも3番人気の複勝率は90&%でしたので、

馬券の中心に置いて問題なさそうです。

 

さて私事ですが、

今月は2名の方とマッチングアプリで知り合うことができ、

どんな結果になったか楽しみにしておいてください。

 

その為にもリッチ馬券を的中させ、

少しでも良いお店で口説き倒したいと思います。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?