夏競馬傾向分析『嶋原崇』

 

夏競馬もいよいよ佳境

 

直近1か月成績です。

 

騎手

 

 

夏は、川田騎手を狙え!

と言う記事を

出しましたが、

https://keiba5.com/?p=15525

それにしても絶好調!

 

 

・人気別成績 芝

 

 

競馬場別の1番人気成績(芝)

 

1番人気好調の要因は

札幌ですね。

 

 

・人気別成績 ダート

 

 

競馬場別の1番人気成績(ダート)

 

小倉ダートの1番人気が、とんでもない数値。

 

・種牡馬

 

 

ドゥラメンテ、キズナ、スワーヴR,

ハーツクライ産駒

が絶好調ですね。

 

 

・まとめ

夏競馬は短期決戦

傾向を掴んで、流れに乗りたいですね。

川田騎手の勢いは止まりそうにありません。

ぜひ参考にしてみてください。

 

投稿者プロフィール

嶋原崇
嶋原崇
統計データに精通する仕事人
競馬統計新聞の敏腕編集長。2020年に年間プラス収支を達成して、そこから連続プラス収支継続中。期待値が高い馬券を狙うスタイルで、徹底的に回収率にこだわる仕事人。

ジョッキーブースター

6つのキャッシュポイントでしっかりとリターンを稼ぐ!
とにかく勝てない…
毎週買い方が違う…
自分の馬券に迷いが生じている!
あなたの悩みを、これで一発解決!
これらの悩みを「JOCKY-BOOSTER」は解決します。
競馬は(馬7:騎手3)と言われているのをご存じでしょうか?
レースの結果は、馬の実力が7割で、騎手の実力が3割という意味。
しかし3221勝中、リーディング30位までの30名で、2213勝を独占。
確率にすると68%になります。
残りの100名ほどの騎手で、残りの32%の勝ち星を分け合っている。
さすがに(馬3:騎手7)とまでは言いませんが、
(馬5:騎手5)
現代の競馬は、これくらいの比率で成り立っているケースもあります。
馬の能力が足りない部分を、騎手がフォロー。
状況が目まぐるしく変化する競馬のレースでは、騎手の能力は重要なのです。
これについては、あなたも否定することが出来ないでしょう。
JOCKY-BOOSTERは、騎手能力をとことん研究したロジックを搭載しています!