『ラジオNIKKEI賞2021のレース考察』西城つよし

 

今回はラジオNIKKEI賞です。

 

過去にはリッチ馬券も出ている荒れ傾向にあるレースですよね。

 

今回も波乱があるかもしれませんので、

データ分析を駆使し好走馬を見極めていきましょう。

※中山開催だった2011年を除いた過去9年分データ

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【5-4-3―44】

2着

【0-1-1-5】

3着

【1-1-0-4】

4着

【0-0-0-7】

5着

【0-0-0-6】

6~9着

【3-2-3-16】

10着以下

【0-1―3-24】

 

前走の勝ち馬、

そして3着馬はそのままの勢いで好走傾向にありますね。

 

それでもリッチ馬券を狙うには、

前走6~9着馬外した馬に注目が必要です。

 

勝率、連対率、複勝率を見ても、

好走傾向にあることは分かりますので、

他の条件と合わせ狙っていきたいですね。

 

 

次に前走クラス別データ。

G1

【3-1-6-34】

G2

【6-5―4-36】

OP特別

【1-3-0-22】

1勝クラス

【0-1-0-12】

 

好走率が高めなのがOP特別組ですが、

単勝回収値も含めると、

前走G2組に注目したい。

 

ただ全体的にどこからでも馬券にはなっているので、

他の条件も見て冷静に分析したいところです。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【2-3-0―4】

2番人気

【3-0-0-6】

3番人気

【1―0―0-8】

4番人気

【0-1-0-8】

5番人気

【1-0-3-5】

6~9番人気

【2-4-4-26】

10番人気以下

【0-1-2-49】

 

1番人気は勝ちきれていないイメージがありますが、

複勝率55.6%としっかりと馬券には絡んできている印象です。

 

2番人気も過去9年データで3勝挙げており、

単勝回収値も156%と注目したい数字でした。

 

他では、やはり中人気馬。

 

過去9年データで10頭馬券に絡んでおり、

単勝回収値、複勝回収値ともに100%を超えていました。

 

リッチ馬券を狙うには、

ここを攻略する必要がありそうですね。

 

ちなみにその6~9番人気馬の中でも、

8番、9番人気馬の好走率が他より好走率が高いので、

頭の片隅に入れておいても良いかもしれません。

 

ジメジメしている時期ではありますが、

週末は競馬を楽しみ気分をリフレッシュさせましょう。

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?