『第23回 ジャパンダートダービー(JpnI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着5回、2着2回、3着1回、2番人気は1着2回、2着1回、3着1回、
3番人気は1着0回、2着1回、3着2回の成績で1番人気は信頼出来る数字を残していますが2、3番人気の信頼度は高くありません。
上位人気馬以外では4番人気が1着1回、2着6回の成績で1番人気に次いで好成績を残しています。
所属別ではJRA所属馬が9勝、地方馬が1勝で2着もJRA所属馬が9回でJRA所属馬が優勢です。
前走別で好走が多いのはJRA所属馬は鳳雛S、ユニコーンS、兵庫チャンピオンシップ、
地方馬は東京ダービー連対馬です。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠7番ウェルドーン
    前走の関東オークスは好位で逃げ馬を見ながらの競馬で直線では前を捕まえて勝利する好内容でした。
    今回は牡馬相手になりますが、2走の鳳雛Sで牡馬相手に3馬身差をつけて勝利している実績を持っています。
    牝馬が勝てていないレースですが抜けた存在がいない今年のメンバーなら勝てるチャンスがあっていい1頭で
    ダートグレード競走連勝可能と思い同馬を推奨します。
  • 4枠5番ジョエル
    前走の東京ダービーは好位からの競馬で4着と前を捕まえることは出来ませんでしたが、
    初距離で好走出来たのは評価していい内容のレースでした。
    2000mは2戦目で上積みがあっていい1頭で距離を経験しているのは魅力です。
    好位から競馬ができる展開に左右されない脚質も魅力で、前走から巻き返し可能な1頭と思い同馬を推奨します。
  • 8枠13番ゴッドセレクション
    前走の兵庫チャンピオンシップは2周目の3コーナーから先頭に立つ競馬で、
    直線で交されて2着でしたが地方の馬場でも好走した評価出来る1戦でした。
    2走前の伏竜Sも早め先頭から押し切って2着に3馬身差をつける強い勝ち方をしていて、
    好位から早めに抜け出すことが出来る脚質は大井の外回りでも魅力です。
    前走から巻き返しが出来る1頭で好勝負可能と思い同馬を推奨します。

ユニコーンS勝ちのスマッシャー、前走1勝クラスですが2100mを勝っているダノンブレットを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は7月21日(水)第11回習志野きらっとスプリント(SI)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録