『第4回 プラチナカップ(SIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着4回、2着2回、3着1回、2番人気は1着1回、2着3回、3着1回、
3番人気は1着3回、2着1回、3着1回の成績で上位人気馬は信頼できる数字を残していて
重賞となってからの3回で1番人気は2着以下がありません。
所属別では浦和4勝、川崎4勝、船橋2勝で浦和所属馬と川崎所属馬の1着が多く
連対率まで見ると2着が4回の船橋所属馬も悪くない成績です。
重賞となる前からコース実績を持っている馬が好成績を残しています。

推奨馬は3頭です。

  • 5枠5番グランドボヌール
    前走の浦和スプリントはスタートから楽に先頭に立ち逃げる競馬で、
    直線も余裕ある手応えで突き放して4馬身差をつける完勝といっていい内容の勝利でした。
    1昨年には佐賀のサマーチャンピオンでダートグレード競走を勝っている実績を持っていて、
    重賞となって相手が強くなっても前走の内容から楽に先頭に立つ競馬が出来れば、
    あっさり勝ってもおかしくない能力を持っている1頭と思い同馬を推奨します。
  • 6枠7番ベストマッチョ
    前走のさきたま杯は好位2番手からの競馬で4着と地方馬最先着で評価していい内容の1戦でした。
    今回は3戦ぶりに地方馬同士の対戦と相手関係も楽になるのは好材料で、
    ハナにこだわらずに前で競馬が出来る脚質もコースに合っていて魅力です。
    昨年も勝っているレースで相性の良いコースで巻き返し可能と思い同馬を推奨します。
  • 7枠9番ダノンレジーナ
    前走は牝馬限定重賞のしらさぎ賞で着差こそ僅かでしたが、1着と浦和のコース実績の高さを見せたレースでした。
    今回は牡馬相手の重賞ですが2走前の神田川オープンは外枠が不利な大井1400mで好位から押し切る強い勝ち方や、
    昨年の同レース3着と牡馬が相手でも好勝負をしています。
    持っているコース実績は抜けていて上位争い可能と思い同馬を推奨します。

左回りの1400mはベストの条件と言っていいヴァケーションを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は8月5日(木)第28回マイルグランプリ(SII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録