『種牡馬の得意コース分析』嶋原崇

2022年リーディングサイアーのベスト5

特徴、得意コースについて過去2年データから

狙い目を紹介していきます。

 

 

第1位 ディープインパクト産駒

 

 

全体的に、好成績でダートも苦にせず、

馬場が悪くなると成績低下のイメージがありますが、

重までなら成績、回収率は変わりません。

 

持ち前のスピードを生かせる、広いコースが得意ですが、

中山の芝1600メートルの好走率、回収率が高いのが盲点。

1番人気は、平均よりやや信頼度は低く、単回収率も低いことから

積極的に狙いたくない。

 

第2位 ロードカナロア産駒

 

 

芝が好成績で、短距離血統なのは、

一目瞭然。

特別戦に強く、大一番に強いので、

リーディングサイアー2位に輝いたと

推測されます。

ダートの単回値は低く

1番人気も、さほど信用できません。

 

第3位 ハーツクライ産駒

 

 

成績だけみると、パッとしませんが、

G2成績が高かったため、

サイアー3位にランクインしたと推測。

また、障害成績が17- 15- 14- 65/ 111

勝率15.3% 連対率28.8% 複勝率41.4%

単勝回収値118% 複勝回収値111% と優秀ですが、

赤枠条件以外は、狙い辛い。

 

第4位 キズナ産駒

 

 

芝の単勝回収率が109%

勝率からの比較だと、穴を空けていることが分かります。

1番人気の勝率は優秀で、牝馬も狙い目。

東京の芝2000mは特注ですね。

 

第5位 ドゥラメンテ産駒

 

 

全体的には、単勝回収率が低く、

特に牝馬は狙いたくないが

1番人気は優秀ですね。

コース適正、コース相性にムラがあり、取捨選択がカギを握り、

皐月賞を圧勝したイメージ通り、中山1800~2000mは狙い。

 

 

以上、

2022年リーディングサイアーからの

産駒特徴を纏めました。

(データは直近2年分です)

是非、今週から活用してみてください。

 

まとめ

 

①ディープインパクト産駒

→万能系だが、人気になりやすく条件を絞りたい

 

②ロードカナロア

→特別戦に強く、得意条件は回収率も良し

 

③ハーツクライ産駒

→障害戦が実は狙い目。人気になりやすいので見極めが肝心

 

④キズナ産駒

→1番人気成績が優秀、穴馬の魅力たっぷり

 

⑤ドゥラメンテ産駒

→成績にムラがあるが、中山芝の単勝回収率は非常に優秀(118%)である

 

投稿者プロフィール

嶋原崇
嶋原崇
統計データに精通する仕事人
競馬統計新聞の敏腕編集長。2020年に年間プラス収支を達成して、そこから連続プラス収支継続中。期待値が高い馬券を狙うスタイルで、徹底的に回収率にこだわる仕事人。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!