『回収率100%を超える騎手だけを狙い撃ちできないか検証』田中洋平

 

今日は単勝回収率が100%を超える騎手に

フォーカスしてみたいと思います。

 

基本、リーディング上位にいるような一流騎手は、

単勝回収率100%は超えません。

 

川田将雅 単回率76%

戸崎圭太 単回率76%

横山武史 単回率80%

松山弘平 単回率93%

ルメール 単回率60%

岩田望来 単回率82%

福永祐一 単回率68%

坂井瑠星 単回率74%

吉田隼人 単回率98%

鮫島克駿 単回率83%

 

期間は2022年の1年間です。

 

リーディング上位の騎手は、

人気サイドの馬に乗ることが多いので、勝利しても低い配当が多い。

 

また勝率も高いので、

成績と配当の波が穏やかになって、

単勝回収率75~80%くらいに収束する傾向なんですよね。

 

ではどんな騎手が、回収率100%を超えるのか?

 

それは中堅どころと言われる騎手たちだと思います。

 

人気でいうと4~9番人気の馬に乗ることが多い騎手で、

そこそこ勝てるチャンスがあって、

そこそこ単勝の配当が高い馬に乗る騎手だと推測。

 

この騎手たちをマークしておいて、

中穴馬に騎乗した時に狙い撃ちしたら、プラス回収になるのではないか。

 

という仮説を立ててみました。

 

「この騎手は穴をあけることが多いので、いちおう押さえておこう!」

 

レースを予想するときに、

このような気持ちになる人も多いと思います。

 

「万馬券の使者」になりそうな騎手が事前に分かれば、

予想に組み込めますからね。

 

では回収率100%を超える騎手の顔ぶれを見てみます。

 

荻野琢真 単回率243%

小林脩斗 単回率209%

荻野極 単回率166%

西塚洸二 単回率156%

横山琉人 単回率141%

山田敬士 単回率136%

秋山真一郎 単回率132%

永島まなみ 単回率122%

古川吉洋 単回率121%

津村明秀 単回率119%

杉原誠人 単回率117%

国分優作 単回率105%

川須栄彦 単回率105%

黛弘人 単回率102%

角田大和 単回率100%

 

データのブレをなくすために、

レース騎乗機会が50回以下の騎手は対象外にしています。

 

顔ぶれをみると、よく穴をあける騎手が多い印象。

 

やはり、という感じでしょうか。

 

ということで、

この15名の騎手を抜き出してみます。

 

勝率5% 連対率10% 複勝率15%

単勝回収率132% 複勝回収率75%

 

みんな単勝回収率100%を超える騎手たちなので、

抜き出したら100%を超えるのは当然。

 

問題は、どのゾーンの回収率が高いのか?

だと思います。

 

◆1~3番人気

勝率18% 連対率33% 複勝率48%

単勝回収率75% 複勝回収率78%

 

◆4~9番人気

勝率6% 連対率11% 複勝率18%

単勝回収率105% 複勝回収率78%

 

◆10~18番人気

勝率1% 連対率3% 複勝率5%

単勝回収率167% 複勝回収率73%

 

単勝4~9番人気の回収率は思ったより伸びず、

10~18番人気の大穴馬で、回収率を稼いでいるのが分かります。

 

そこそこチャンスがあって、

そこそこ単勝配当の高い中穴馬ではなく、

大穴馬の一発で回収率を引き上げているということ。

 

大穴馬は勝率がかなり低いので、狙って獲るのは難しい。

 

中穴馬ゾーンなら、何かしらの狙い目になると思いましたが、

アテが外れました。

 

では次に、穴をあける騎手を見つけるキッカケということで、

2022年のリーディング順位を見てみましょう。

 

荻野琢真(100位)

小林脩斗(57位)

荻野極(45位)

西塚洸二(74位)

横山琉人(37位)

山田敬士(89位)

秋山真一郎(52位)

永島まなみ(50位)

古川吉洋(54位)

津村明秀(30位)

杉原誠人(67位)

国分優作(71位)

川須栄彦(77位)

黛弘人(82位)

角田大和(28位)

 

リーディング50~80位くらいの騎手が多い感じですが、

このゾーンの騎手をぜんぶ狙っていたら、

お金がいくらあっても足りないでしょうからね。

 

騎手という情報だけで、

回収率100%超えを目指すのは、難しいということでしょう。

 

もちろん、騎手の得意コースや、

調教師、馬主との関係を絡めるなら別の話ですが、

ベタ買いでは厳しい。

 

中穴馬で好走する可能性の高い騎手を狙えば、

プラス回収になるのではないか、という仮説を立ててみたのですが、

今回は失敗という例でした。

 

このように仮説を立てて、

検証を繰り返せば、いつかは効果的な馬券術を発見できます。

 

一度や二度の失敗にめげず、

仮説→検証のサイクルを繰り返してください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!