『オークス2023の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「オークス」の
穴馬探しを
お届けします。

オークスは
5月21日(日)に
東京芝2400mで
行われる3歳牝馬の
クラシック2冠目の
G1です。

さっそくオークスの
ポイントを記します。

 

 

【ポイント1】
ハ-ツクライ産駒に
鬼門のレース

→近10年の種牡馬別の
成績を診てください。

 

ゴールドシップ  複勝率67% 1.0.1.1
ディープ     複勝率26% 3.4.3.29
エピファネイア  複勝率25% 1.0.0.3
ハ-ビンジャー  複勝率25% 0.1.1.6
スクリーンヒーロー複勝率25% 0.1.0.3
ル-ラ-シップ  複勝率17% 0.1.0.5
キズナ      複勝率17% 0.0.1.5
キングカメハメハ 複勝率15% 0.2.0.11
ハ-ツクライ   複勝率12% 1.0.1.15 

 

オークスでは
ハ-ツクライ、
キングカメハメハの
両主要種牡馬の産駒が
成績不振です。

特に気になるのが
ハ-ツクライ産駒。
距離が延びて強く、
東京コースにも強い
イメージがある
種牡馬ですが
なぜかオークスでは
産駒が振るいません。

ハ-ツクライ産駒の
牝馬は、加齢と共に
きっちりと成長する
感じでは無く、2歳~
3歳早期にまずバッと
花を咲かせ、その後に
一旦リズムを落とし、
あらためて好調期・
成長期を迎える感じの
馬も多いですから、
オークスを好状態で
迎えている馬が意外に
少ないというコトでは
ないでしょうか。

今年も、複数の
ハ-ツクライ産駒が
出走予定。しかも
ソコソコ人気ですが
当欄は推奨扱いとは
しない予定です。

 

 

【ポイント2】
近年の「大穴」の
共通項

→2018年までは
比較的平穏な決着が
続いていましたが
近4年は2ケタ人気の
大穴馬が、2着3着に
激走中です。

 

19年2着 カレンブーケド-ル 12番人気
20年3着 ウインマイティー  13番人気
21年3着 ハギノピリナ    16番人気
22年2着 スタニングローズ  10番人気

 

カレンブーケド-ル・
スタニングローズが
2ケタ人気だったのか!
という感じですが…

じつは、この
4頭には4つの
「共通項」が
ありました。

 

◆前走で
 「桜花賞以外」のレースに
 出走して1着だった

◆前走で
 1~3番人気だった

◆近2走とも
 4角地点で3番手より
 「後ろ」の位置にいた

◆ここまでの出走キャリアは
 7走以内

 

カレンブーケド-ル、
ウインマイティー、
ハギノピリナ、
スタニングローズは
いずれも上記4点に
すべて該当!

つまり…前走で
「非G1」とはいえ
人気に推されていた
実力は秘めており、
しかもそこできっちり
勝ってきた。

さらに(オークスに
おいて不利となる)前に
行きすぎた競馬を近走で
しておらず、ここまでの
出走数もほどほどの馬が
近4年で穴を提供中…
というワケです。

今年、この4条件に
全て該当する穴候補が
いないか?

それを見繕うのも、
穴探しの作業として
有用かもしれません。

 

 

【ポイント3】
15番枠から外枠は
基本的に不利?

→近10年の枠別の
成績を診てください。
昨年こそ18番枠が
勝ちましたが
基本的に15~18番枠は
極端に成績低調です。
逆に1・2番枠は堅調。

 

01~02番枠 複勝率30% 1.3.2.14
03~05番枠 複勝率20% 3.0.2.22
06~08番枠 複勝率13% 0.1.3.26
09~11番枠 複勝率17% 3.2.0.25
12~14番枠 複勝率20% 2.3.1.24
15~18番枠 複勝率10% 1.1.2.36

 

 

【ポイント4】
逃げた馬が不振

→近10年(0.0.0.10)。
ピュアブリーゼが
2011年に逃げて
2着に逃げ粘って以降、
逃げた馬は全滅中です

 

 

【ポイント5】
下級からの挑戦は
基本的にほぼ来ない

→近10年の、前走の
クラス別成績を見て
ください。1勝クラス、
リステッドでは無い
オープンを使ってきた
馬が大苦戦しています。

 

1勝クラス       複勝率 6% 0.0.1.15
オープン(非リステッド)複勝率 6% 1.0.0.16
リステッド       複勝率33% 1.1.1.6
重賞          複勝率19% 8.9.8.110

 

 

【ポイント6】
「1勝馬」は
ほぼ走らない

→【ポイント5】と
関連しますが1勝馬は
近10年(1.1.0.38)。
2勝以上が好走への
重要要素です

 

 

【ポイント7】
前走で
1秒以上負けた馬も
基本的にほぼ来ない

→近10年で
(0.1.1.27)、
複勝率は7%。
もう勝負付けを
済まされている馬、
ということに
なります。

 

 

 

以上7点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

 

 

 

———–
オークス  ポイント1・2 該当馬

【ポイント1/ハ-ツクライ産駒】 ▼軽視馬として 2頭
  ソーダズリング
  ハ-パー

【ポイント2/大穴4項目に全て該当する馬】 1頭
  ミッキーゴージャス

 

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録