『第66回 東京ダービー(SI)(ニューイヤーズデイ賞) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着3回、2着2回、3着2回の成績、2番人気が1着2回、2着1回、3着3回、3番人気が1着2回、2着1回、3着2回と上位人気の信頼度が高い傾向です。所属別では大井、船橋所属馬が4勝、2、3着の回数でも大井所属馬が5回、4回、、船橋所属馬が3回、4回の数字で好成績を残しています。前走別では羽田盃出走組が最も強くその中でも3着以内の馬お信頼度は高いと言えます。他のレースでは雲取賞、京浜盃の上位馬も好走しています。近年はクラシック未出走組は苦戦傾向で中心となるのは羽田盃の上位馬です。
推奨馬は3頭です。

 

  • 8枠16番ブラヴール
    前走の羽田盃は後方からレースで直線に向いても後ろから2番目の位置にいましたが直線鋭い伸びを見せて2着に追い込んできました。最後はしっかり伸びてくる末脚も魅力ですがデビューから連対を外していない安定感もあります。外枠からのスタートですが、後ろから行く脚質からマイナス材料にはならないと思います。羽田盃2着から逆転も可能と思い同馬を推奨します。
  • 6枠11番ゴールドホイヤー
    前走の羽田盃はスタートも良く逃げ馬を見れる2番手からのレースで直線も危なげなく抜け出して2馬身差の快勝と好内容のレースで大井の重賞2連勝となりました。山崎誠士騎手、岩本洋調教師の組み合わせは昨年の東京ダービー馬ヒカリオーソと同じで昨年以上に順調に来ている点も魅力的です。大井では負け無しでここでも上位争い可能な1頭と思い同馬を推奨します。
  • 3枠5番コバルトウィング
    JRAから移籍後の初レースだった2走前は2着で前走の羽田盃は1番人気に押されましたが初のナイター競馬の影響もあってか直線伸びきれずに7着と結果は出ませんでした。JRA所属時には未勝利勝ち上がり、掲示板外無しと実績もありますので前走負けてはいますが巻返しが出来る1頭と思っています。前走ほど人気にもならないと思いますので改めて狙いたい1頭として同馬を推奨します。

羽田盃逃げて3着だったファルコンウィングや4着のティーズダンク、別路線組からはマンガンを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は6月10日(水)第56回関東オークス(JpnII)の予想をお届けします。

 

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録