『友道厩舎の外厩上がりと人気馬には逆らうな』高橋広治

 

こんにちは、高橋広治です。

 

よろしくお願いいたします。

 

外厩のことを中心に、競馬を色々な角度から分析し、

あなたの収支に役立つ情報を提供しております。

 

先日のクイーンステークス(G3)は、

人気薄のレッドアネモスが勝ち、

ビーチサンバが2着。

 

先日の函館記念や中京記念と言い、

今年の夏重賞は大荒れです。

 

そして上記の2頭は、いずれも

友道康夫調教師の管理馬。

 

現在、矢作芳人師と激しく

リーディングを争う友道師。

 

過去にはマカヒキとワグネリアンで、

ダービーを2勝している超名門厩舎です。

 

そんな友道厩舎の今年ここまでの成績を

振り返ってみましょう。

 

調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
友道康夫 31- 13- 12-102/158 19.6% 27.8% 35.4% 102 73

 

いかがでしょうか?

 

2着、3着に比べて1着の数が飛び抜けており、

「しっかり勝ちきれる調教師」と言えそう。

 

ちなみに勝率19.6%は、全調教師の中で

トップの勝率です。

 

レッドアネモスは人気薄での勝利でしたが、

本来友道厩舎は、名門厩舎らしく

人気でしっかり結果を出す厩舎。

 

今年の友道厩舎出走馬を、

1~3番人気以内の馬だけに限定すると、

 

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1~3人気 26- 6- 10- 31/ 73 35.6% 43.8% 57.5% 117 85

 

さらに信頼度が増しましたね。

 

しっかりと勝ちきってくれるので、

馬券を購入するこちら側としては

非常にありがたい存在と言えるでしょう。

 

そんな友道厩舎は、今の競馬に欠かす事のできない

外厩とのアクセスもしっかり抜かりありません。

 

外厩上がり馬と在厩調整馬の

成績を比較してみましょう。

 

調整方法 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
外厩 26- 8- 4- 65/103 25.2% 33.0% 36.9% 136 84
在厩 5- 5- 8- 37/ 55 9.1% 18.2% 32.7% 39 52

 

 

やはり名門厩舎らしく馬の入れ替えが

頻繁なので、外厩でしっかり馬を作らせる事が

大事になってくるのでしょうね。

 

そんな友道厩舎に預託する馬は、

やはり名門らしくノーザンファーム馬が

大半なのですが、クラブ馬は

ビックリするほど少なく、ほとんどが

有名な個人馬主の馬。

 

友道厩舎で勝利したマカヒキとワグネリアンは

いずれも金子真人氏の所有馬ですし、

あとは「アドマイヤ」の近藤旬子氏や、

「大魔神」佐々木主浩氏の所有馬も

友道師が管理する事が多いです。

 

最近は調教師が出走レースを決められない、

調教師<外厩という構図も多い中、

友道師は馬主さんとの連携も密に取りながら、

馬の成長過程や出走するレース等々も

友道師主導で決めていくそう。

 

結果も残しつつ、連携も密に

してくれるのであれば、

馬主さんとすれば高額で購入した馬でも、

安心して預託する事ができるのでは

ないでしょうか。

 

昨年のセレクトセールで3億6000万という

当時の最高額で落札された、

全姉ミッキークイーンがいる超良血、

ザレストノーウェアなど、今年の2歳馬も

楽しみな馬が揃っております。

 

今後も勢いが止まりそうにない友道厩舎に、

ぜひ注目してみて下さい。

 

今回の記事は以上です。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

ありがとうございました。

 

 

投稿者プロフィール

高橋 広治
高橋 広治
データを駆使した戦略競馬の賢才
人と違う視点や切り口で競馬を分析することに長けている頭脳派。データ分析ソフト『TARGET』を使いこなして、周りがアッと驚く馬券術を生み出す。そのレベルは折り紙付きだ。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録