『オールカマー2020のデータ考察』西城つよし

 

お疲れ様でございます。

 

今回は中山秋の名物重賞である、

オールカマーを見ていきましょう。

 

例年波乱が起きにくい印象なので、

データ分析を駆使し、

手堅く的中させたいところですね。

 

※中山開催の9年分のデータ

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【1-2-1-13】

2着

【0-0-2-11】

3着

【1-0-0-4】

4着

【1-1-1-6】

5着

【1-2-4-8】

6~9着

【2-3-1-20】

10着以下

【3-1-0-28】

 

前走で勝った勢いのまま好走するわけではなさそうで、

前走10着以下に終わった馬も3頭勝利しています。

 

ちなみにこの3頭が勝利した時は、

3頭とも5歳馬でしたね。

 

 

次に年齢別データ。

4歳

【3-3-4-11】

5歳

【4-3-3-31】

6歳

【1-3-0-18】

7歳

【1-0-2-16】

 

馬券の中心は4、5歳馬になりそうです。

 

特に5歳馬は単勝回収値143%なので、

狙い馬が該当していたら、

積極的に狙っていきたいですね。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【3-3-1-2】

2番人気

【1-1-2-5】

3番人気

【1-3-1-4】

4番人気

【1-1-0-7】

5番人気

【2-0-0-7】

6~9番人気

【1-1-5-29】

10番人気以下

【0-0-0-36】

 

まず10番人気以下の馬は1頭も馬券になっていないので、

切ってよいでしょう。

 

基本的に上位5番人気までを、

中心に考えたほうが良さそうで、

6番人気は勝利こそないものの、

複勝率55.6%となっていますので注目はしといた方が良さそうです。

 

長期の戦線離脱から帰ってくるジェネラーレウーノを、

どう判断するかもカギになってきそう。

 

重賞2勝を挙げている舞台で、

中山は得意にしています。

 

完全復活なるかも非常に楽しみな一戦ですね。

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?