『第20回 ローレル賞(SII)【地方交流】(東京2歳優駿牝馬TR) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着4回、2着1回、3着1回、2番人気は1着2回、2着1回、3着3回、3番人気は1着2回、2着1回、3着1回の成績で上位人気の成績は安定しています。ただ2着は5番人気以下が6回と多く来ていて人気通りの決着は少なくなっています。所属別では大井、川崎、北海道が3勝、船橋が1勝の成績で浦和所属馬は2着、3着が1回ずつと苦戦しています。今年は参戦がありませんが門別競馬場で行われているエーデルワイス賞や小町特別、鎌倉記念の上位馬が好成績を残しています。
推奨馬は3頭です。

  • 4枠6番ディアリッキー
    デビュー戦は2着以下に2秒以上をつけての大差勝ち、2戦目も2番手から早め先頭で押し切って3馬身差の快勝と強い競馬をしています。前走で負かしたファストトラベルが小町特別で2着と好走していて相手関係からここでも好勝負出来る1頭と思います。重賞となって出走頭数が多くなるレースになりますが上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 7枠12番ファストトラベル
    デビュー戦を勝利後は距離を延ばして3戦して3着、2着、2着と勝ちきれないレースが続いていますが、前走は初めての川崎でも対応して2着とここでも好走しました。小町特別の上位馬は好走率が高く人気に関係なく侮れない存在です。重賞好走馬や連勝馬がいて相手は強くなりますが好勝負出来る1頭と思い同馬を推奨します。
  • 7枠11番ナジャ
    逃げて2連勝中で臨んだ前走の鎌倉記念は1コーナー手前での不利もあり逃げることが出来ないレースで牝馬としては最先着でしたが5着の結果でした。前走好位でレースができたのは今回プラスになる材料で牝馬同士の1戦で見直したい1頭です。2走前は大差勝ちと圧勝する力がある馬で楽に逃げれればあっさり勝ってもおかしくないと思い同馬を推奨します。

門別の重賞で3着と好走もある遠征馬のセカイノホシ、浦和で2戦2勝でナイター競馬は初ですがケラススヴィアを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は11月11日(水)第31回ロジータ記念(SI)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録