『第31回 ロジータ記念(SI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着4回、2着4回、3着2回の成績で馬券圏外がなく高い信頼度を残しています。2番人気は1着3回、2着1回、3着1回、3番人気は1着0回、2着1回、3着0回の成績で1番人気、2番人気は信頼出来ますが3番人気は好成績を残していません。所属別では船橋が6勝、大井が4勝で2着も船橋3回、大井4回で2地区の馬が好成績で他は苦戦傾向です。トライアルのサルビアカップからの出走馬が好走していますが上位馬に限らず下位に沈んだ馬も巻き返しています。他には同じ距離の戸塚記念やレディスプレリュードから出走してくる馬、春のクラシックの好走馬が中心です。
推奨馬は3頭です。

  • 7枠11番アクアリーブル
    前走は休み明けでの出走だったサルビアカップでしたが56kgも影響して直線伸びきれず3着と結果が出ませんでした。2kg以上の斤量差もあった中でのレースで悲観する内容でもなく同斤量で出走となる今回は巻き返し出来る1頭と思っています。春は南関東牝馬クラシック2勝、関東オークス2着に好走と実績は抜けていて、ここは勝ち負けを期待して同馬を推奨します。
  • 2枠2番ルイドフィーネ
    前走は休み明けながら牡馬相手の戸塚記念で4着と掲示板に入り今回と同じ条件の2100mで2走続けて4着と好走しました。春の3戦も3着、3着、4着と勝ちきれていませんが好走は続けていて、牝馬同士の対戦となる今回は見直したい1頭です。重賞勝ちこそありませんが今回重賞を勝てるチャンスもある1頭と思い同馬を推奨します。
  • 3枠3番メモリーオブブルー
    JRAデビュー馬で芝のレースで未勝利2着1回、3着2回と惜しい競馬もありダートは移籍前に1戦のみ、南関東移籍後は浦和の1600mで外枠から勝利と不利な外枠から勝利しました。ダートではまだ2戦で上積みも見込めるのが魅力です。浦和所属馬の好走はありませんがダートでは底を見せておらず楽しみな1頭と思い同馬を推奨します。

北海道からの遠征馬で地元の重賞北斗盃を勝利しているレッドカード、2戦続けて2着で連対中のアンジュエトワールを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は11月17日(火)第53回ハイセイコー記念(SI)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録