『第65回 船橋記念(SIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着5回、2着2回、3着0回、2番人気は1着3回、2着1回、3着2回、3番人気は1着2回、2着0回、3着0回の成績で1着は全て3番人気以内の馬が来ています。2着、3着は下位人気馬も来ていて人気通りとはなっていません。所属別では船橋7勝、大井3勝で船橋所属馬が好成績をのこしています。ここ2年はトライアルのカムイユカラスプリント勝ち馬がそのまま1着ですが、ゴールドカップ出走馬も好走しています。同じ条件の習志野きらっとスプリントの上位馬も好走する傾向が高いです。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠6番カプリフレイバー
    前走のカムイユカラスプリントはスタートも良く楽に2番手につけての競馬でしたが勝ち馬には1馬身差の2着でした。勝ち馬との斤量差は4kgあって最後の脚も止まっていなくて、斤量差も2kgと縮まる今回は逆転もあっていい1頭と思っています。船橋の1200m以下では連対を外していない得意な舞台で実績馬相手でも好勝負できる1頭と思い同馬を推奨します。
  • 4枠4番キャンドルグラス
    前走のJBCスプリントは中団からレースを進めて5着と強い相手、勝ちきれない条件の中でも5着と掲示板に入る好走でした。今回は昨年初めて重賞を勝利している舞台で昨年の習志野きらっとスプリントでも2着に入り連対を外したことがない最も得意な条件です。鞍上の御神本騎手は同レース3連勝中と好条件が揃っていて上位争い可能な1頭で同馬を推奨します。
  • 8枠12番ノブワイルド
    前走のゴールドカップは同厩舎の馬にハナを譲り2番手からのレースで得意な形ではありませんでしたが3着に粘る好走といっていい内容でした。昨年の同レースは2着、7月の習志野きらっとスプリント1着と好走していて、斤量面の大きな負担もなく実績は上位の1頭で近走は勝ちきれていませんがあっさり勝ってもいい1頭と思い同馬を推奨します。

トライアルのカムイユカラスプリントを勝利しているアドバイザー、牡馬相手でも好走しているブロンディーヴァを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は1月20日(水)第24回TCK女王盃(JpnIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録