『第67回 桜花賞(SI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着3回、2着0回、3着3回、2番人気は1着1回、2着2回、3着3回、
3番人気は1着4回、2着1回、3着0回で1着は上位人気馬が占めていますが、
2、3着には4番人気以下からも出ています。
所属別では大井、川崎が3勝、浦和が2勝、船橋1勝となっていて
他地区からの遠征馬は2着が1回と苦戦傾向です。
浦和の1600mは枠の有利不利が極端に出るコースで6枠~8枠の外枠は1着がなく2着も1回で、
5枠より内の枠の馬が好成績を残しています。
前走別ではトライアルのユングフラウ賞出走馬が強く毎年のように上位争いをしています。
推奨馬は3頭です。

  • 3枠3番ケラススヴィア
    前走も東京2歳優駿牝馬と同じく逃げる競馬をしましたが、
    最後に交わされてしまい連勝が止まる2着でした。
    勝ち馬とは斤量差もあった中でタイム差なしの結果は好走したと言っていい内容でした。
    今回は定量戦で斤量差もなく出走はプラスで、
    枠も3枠と良い枠に入っていて逆転も可能で上位争いが出来る1頭と思い同馬を推奨します。
  • 2枠2番グロリオーソ
    前走のユングフラウ賞は好位の内をロスなく進める競馬で
    直線も空いたインから伸びて3着と好騎乗もあっての好内容でした。
    南関東に移籍してからは連勝を含めて馬券圏外がなく崩れることなく安定して走っていて、
    斤量差はなくなりますが前走のようなレースが出来ればここでも好勝負可能な1頭で、
    前走以上の結果があってもいいと思い同馬を推奨します。
  • 7枠9番サブルドール
    前走はスタートも決して良いとはいえず中団からの競馬となってしまい、
    勝負どころでも伸びずに8着と結果は出ませんでした。
    距離短縮や初の浦和と好材料もなかった前走から
    2着になった2走前と同じマイルに戻るのは歓迎出来るプラス材料です。
    枠こそ7枠と不利な外枠になってしまいましたが、
    巻き返しは可能で好勝負可能してもいい1頭で同馬を推奨します。

トライアルのユングフラウ賞1着のウワサノシブコの出走取消は残念ですが、
南関東に移籍後は4戦して連対を外していないスマイルミュを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は4月7日(水)第25回マリーンカップ(JpnIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録