『第25回 マリーンカップ(JpnIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着5回、2着3回、3着0回、2番人気は1着2回、2着3回、3着2回、
3番人気は1着1回、2着2回、3着3回で3着こそ4番人気以下が5回来ていますが、
1、2着は上位人気馬が来ていて堅い決着が多い傾向です。
所属別ではJRA所属馬が8勝、地方は大井、船橋所属馬が1勝ずつでJRA所属馬が優勢です。
好走が多いのは前年のクイーン賞の勝ち馬やJBCレディスクラシックの上位馬、
エンプレス杯の連対馬が好走しています。地方所属で好走が多いのは
前年の東京シンデレラマイル1着馬が好走しています。
推奨馬は3頭です。

  • 3枠3番テオレーマ
    前走は3勝クラスの豊前Sで最速の上がりを出して差し切り勝ちをする好内容でした。
    近走は大きく負けることなく上位争いをしている安定感は魅力です。
    ダートグレード競走は初挑戦ですが鞍上には大阪杯も制して
    今年ダートグレード競走に6回騎乗して5勝と好調の川田騎手なのも魅力で、
    いきなり勝利してもおかしくない1頭と思い同馬を推奨します。
  • 5枠5番マドラスチェック
    前走のエンプレス杯は得意とは言えない内枠からのスタートから好位でレースを進めて3着でした。
    ここ2走内枠スタートと好条件ではない中でも崩れることなく好走しているのは評価していて、
    今回は出走頭数も少なく枠を外寄りでプラス材料が揃っていて侮れない存在です。
    勝ち切れないレースが続いていますが条件が揃っていて上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 1枠1番サルサディオーネ
    前走のエンプレス杯はスタートからムチを入れて逃げる競馬で2着に入り、
    単騎で自分のペースに持ち込めれば粘れる強さを見せた好内容のレースでした。
    昨年も逃げ切り勝ちをしている舞台に戻るのはプラス材料で、
    メンバー構成で同型馬もいないのも好材料です。
    前走同様楽に逃げられれば連覇してもおかしくないと思い同馬を推奨します。

今回がダート初挑戦ですが芝の重賞も勝利している実績もあるフェアリーポルカを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は4月8日(木)第24回京成盃グランドマイラーズ(SII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録