『土日で10勝のモレイラ騎手は死角なし!?』田中洋平

 

2023年の10月21日(土)から12月13日(水)まで、

短期免許で来日しているモレイラ騎手。

 

先週末は騎乗機会16回で、

10勝、2着2回という成績。

 

その他に4着1回、5着3回と、

一度も掲示板を外していない、スゴイ結果でした。

 

さすがはマジックマンですね。

 

モレイラ騎手は、

過去に所属していたシンガポール競馬で、

2013年に全9レース中、騎乗した8戦すべて勝利。

 

現地メディアから「マジックモレイラ」と、

評されたそうです。

 

先週末の騎乗も、

「マジックモレイラ」に匹敵する騎乗でしたね。

 

このように言うと、

ほとんど1番人気に乗っているんだから、

当たり前じゃないか!

 

という人もいると思いますが、

1番人気の平均成績は、こんなものですからね。

 

勝率34% 連対率52% 複勝率65%

単勝回収率80% 複勝回収率84%

 

しかし先週末のモレイラ騎手の成績は、こちら。

 

勝率63% 連対率75% 複勝率75%

単勝回収率127% 複勝回収率85%

 

いくら1番人気ばかりに乗っているとしても、

この成績は驚異的ですね。

 

まーでも、これは1週末の成績なので、

さすがのモレイラ騎手も、

長い期間になると、そこそこの成績に落ち着きます。

 

◆今年の成績(先々週まで)

勝率22% 連対率39% 複勝率52%

単勝回収率87% 複勝回収率52%

 

これでも素晴らしい成績なんですけどね。

 

◆ルメール騎手

勝率25% 連対率43% 複勝率55%

 

◆川田将雅騎手

勝率31% 連対率48% 複勝率59%

 

◆横山武史騎手

勝率15% 連対率28% 複勝率40%

 

◆戸崎圭太騎手

勝率15% 連対率26% 複勝率35%

 

◆岩田望来騎手

勝率13% 連対率24% 複勝率34%

 

と、リーディング上位騎手との成績を比べても、

ルメール騎手、川田将雅騎手に次ぐ成績です。

 

そんな優秀なモレイラ騎手は、

芝よりダートの方が成績が良いのですが、

全体的に死角がない印象。

 

忙しい展開になりやすい、

1200mの成績だけ悪いのですが、

それ以外は距離による成績の得手不得手はありません。

 

そこで馬場状態を見てみると、

芝だと良馬場だと良くて、

稍重、重、不良になると成績が極端に悪くなります。

 

短期免許で来日している騎手なので、

馬場状態が悪くなると、馬場を上手に読めないのかもしれませんね。

 

さすがのモレイラ騎手も、

そこまではフィットできない感じなのか。

 

ダートは、良、稍重だと成績が良いが、

あまり機会がないですが、重馬場になると成績が悪い。

 

モレイラ騎手の死角と言えば、

これくらいしか見当たりません。

 

あと狙い目として、

少頭数レースがアツい!

 

◆5~11頭立て

勝率24% 連対率49% 複勝率61%

単勝回収率123% 複勝回収率99%

 

◆12~14頭

勝率38% 連対率53% 複勝率65%

単勝回収率98% 複勝回収率93%

 

◆15~18頭立て

勝率22% 連対率32% 複勝率41%

単勝回収率62% 複勝回収率60%

 

出走頭数が多くなると、

相対的に勝率などの成績が落ちるのは当然なんですが、

15頭立て以上は回収率が良くないので、取りこぼしているんでしょう。

 

反対に5~14頭立ての場合は、

不利などが少ないので、しっかり勝たせている印象。

 

モレイラ騎手は、

良馬場の少頭数レースで狙いましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ジョッキーブースター

6つのキャッシュポイントでしっかりとリターンを稼ぐ!
とにかく勝てない…
毎週買い方が違う…
自分の馬券に迷いが生じている!
あなたの悩みを、これで一発解決!
これらの悩みを「JOCKY-BOOSTER」は解決します。
競馬は(馬7:騎手3)と言われているのをご存じでしょうか?
レースの結果は、馬の実力が7割で、騎手の実力が3割という意味。
しかし3221勝中、リーディング30位までの30名で、2213勝を独占。
確率にすると68%になります。
残りの100名ほどの騎手で、残りの32%の勝ち星を分け合っている。
さすがに(馬3:騎手7)とまでは言いませんが、
(馬5:騎手5)
現代の競馬は、これくらいの比率で成り立っているケースもあります。
馬の能力が足りない部分を、騎手がフォロー。
状況が目まぐるしく変化する競馬のレースでは、騎手の能力は重要なのです。
これについては、あなたも否定することが出来ないでしょう。
JOCKY-BOOSTERは、騎手能力をとことん研究したロジックを搭載しています!