『前走競走中止だった馬は消し?それとも買い?』田中洋平

 

2020年4月18日(土曜日)の中山メインレース、

第22回中山グランドジャンプは、

オジュウチョウサンが史上初の同一G1・5連覇の偉業を達成。

 

また障害の重賞レース、13連勝を決めました。

 

まさに怪物ですね。

 

そんなオジュウチョウサンが、

平地の重賞制覇に挑戦している時に、

障害重賞レースで頭角を現したのがシングンマイケル。

 

2019年の最優秀障害馬に選ばれた馬ですが、

一昨日の中山グランドジャンプの最終障害で転倒して競走中止に。

 

レース後の診断は頚椎関節脱臼だそうです。

 

VTRを見返すと、

障害を飛んで着地するときに顔から地面に落ちている感じ。

 

飛んだ時に力が入って、

ブチっとなってしまったのかもしれませんね。

 

ご冥福をお祈りします。

 

障害レースというのは、

飛越の際の落馬などで、競走中止になる馬が絶えないレース。

 

その競走中止になった馬の次走成績はどうなのか?

 

買えるのか?

 

それとも買えないのか?を調べてみたいと思います。

 

期間 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2017~2020 2- 6- 10-109/127 1.6% 6.3% 14.2% 5 47

 

 

ザックリとしたデータですが、

過去3年くらいでこの成績です。

 

障害レースで競走中止になった馬は、次走は買えない。

 

あっさり結論が出ました。

 

ではこんなケースはどうでしょう?

 

前走人気サイドに推されていたけど、不運にも競走中止になった。

 

馬の実力はあるから、今回は巻き返せるのでは?

というパターンですね。

 

前走1~5番人気で、競走中止になった馬の成績も見てみましょう。

 

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1~5番人気 2- 5- 4-41/52 3.8% 13.5% 21.2% 12 58

 

 

さっきより少しはマシになりましたが、やはり買えないレベルです。

 

障害レースで前走競走中止の馬を見かけたら、

今回は遠慮してください、という感じでOK。

 

もし馬券に絡まれたら、それは事故だと思ってあきらめましょう。

 

と、ここで終わりでは面白くない。

 

ですよね?

 

競走中止になった馬の買えるポイントが、どこかにないのか?

 

安心してください、あります。

 

それはズバリ!

 

芝、ダートで競走中止になった馬の次走。

 

期間 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2017~2020 13- 3- 12-222/250 5.2% 6.4% 11.2% 50 63

 

 

このように普通の状態では、あまり成績がよくありません。

 

そこで前走1~5番人気の馬に注目します。

 

障害レースのときと同じように、

前走は人気に推されていたけど、運悪く競走中止になってしまった。

 

そんな馬が今回巻き返しを見せます。

 

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1~5番人気 11- 1- 6-64/82 13.4% 14.6% 22.0% 104 68

 

 

ここからさらに、

今回も1~5番人気に推されている馬を抜き出すと↓

 

今回人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1~5番人気 9- 1- 4-28/42 21.4% 23.8% 33.3% 127 81

 

 

前走で競走中止なっている馬は、

どうしても見栄えが悪いので人気を落とす傾向にあります。

 

それなのに今回も人気サイドに推されている。

 

ということは、

調教で好時計をマークするなどの強調材料があるのでしょう。

 

だから今回1~5番人気に推されている馬だけに限定すると、

成績と回収率がダブルアップするわけです。

 

前走1~5番人気で競走中止、

でも今回1~5番人気に推されている馬。

 

これが狙う目安です。

 

ではまとめましょう。

 

前走、競走中止している馬は、障害レースでは消し。

 

平地のレースでは人気に推されているか?を吟味して、

いい感じであれば買い。

 

前走、今走とも人気がないなら、バッサリ消しで良いでしょう。

 

レアケースではありますが、迷った時の取捨選択に使えると思います。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録