『第24回 スパーキングレディーカップ(JpnIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年の1着馬全て4番人気以内から出ています。2着、3着を見ても4番人気以内と5番人気以下で大きく差が出ていて上位人気馬での決着となる傾向が高いレースです。所属別ではJRA所属馬が10勝していて2着も7回とJRA所属馬が優勢です。地方所属馬の中では大井所属馬が2着2回、3着1回の成績を残しています。年齢別では5歳馬が6勝、4歳馬が3勝、3歳馬が1勝、6歳以上は2着3回、3着3回はありますが1着はありません。中心となるのはダートグレード競走で実績のある馬になります。
推奨馬は3頭です。

  • 8枠10番メイクハッピー
    2歳時はデビューから連勝していて全日本2歳優駿に出走する活躍をしていました。今年に入ってからは休み明けのレースこそ+16kgの大幅な馬体増の影響か7着に負けていますが近2走は2着、1着と3勝クラスで勝ち負けのレースをしてオープン入をしています。実績馬相手にはなりますが、同コースは経験済みの点も好材料で、前走から引き続きルメール騎手が手綱を取る点も好材料で勝てるチャンスがある1頭と思い同馬を推奨します。
  • 1枠1番ファッショニスタ
    前走の栗東Sは1月のTCK女王盃以来のレースで3着と休み明けのレースとして好内容のレースだったと評価しています。今回は昨年4馬身差をつけて完勝と言っていい内容で勝利した舞台でのレースで、相手関係も大きく変わっていない中でのレースで、叩いた上積みも見込めると思いますので上位争いを期待して同馬を推奨します。
  • 2枠2番マルカンセンサー
    2走前のブリリアントカップは出遅れて見せ場なく終わりましたが前走の大井記念はスタートを決めて好位からレースをして4着と牝馬ですが健闘しています。距離短縮は決してプラスではありませんが昨年5着と掲示板に入っていますし、昨年と違い内枠からスタート出来るのは好材料です。過去にはTCK女王盃で2着とDG競争で連対している実績もありますので昨年以上の結果を出せる1頭と思い同馬を推奨します。

単騎で気分良く逃げたら怖い存在となるサルサディオーネ、天満橋Sを勝利しているワンダーアマービレを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は7月22日(水)第10回習志野きらっとスプリント(SI)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録