『ついに覚醒!永島まなみ騎手が成功スパイラルへ!』田中洋平

 

あの女性騎手が、ついに覚醒しましたね。

 

そうです、永島まなみ騎手です。

 

今をときめく今村聖菜騎手、

女性騎手のパイオニア、藤田菜七子騎手。

 

そして名伯楽、矢作調教師と、

関西若手のエースである坂井瑠星騎手の元で、

日々研鑽している古川奈穂騎手。

 

他の3名の女性騎手に比べて、

圧倒的に馬質が悪く、

大きく注目されることがなかった永島まなみ騎手。

 

以下は、1~5番人気の馬に騎乗した確率↓

 

今村聖菜騎手(322/159)49%

藤田菜七子騎手(228/44)19%

古川奈穂騎手(156/55)35%

永島まなみ騎手(237/29)12%

 

期間は2022年1月~8月末までの8カ月間。

 

永島まなみ騎手は、

1~5番人気に騎乗する機会は、たったの12%しかありません。

 

しかし、ついに覚醒!です。

 

1~8月(29回)

9~11月(27回)

 

今年の8月まで1~5番人気に騎乗した回数が29回に対して、

9~11月に騎乗したのは27回。

 

たったの3カ月弱で、1~8月の騎乗数にせまる勢い。

 

どうやら下半身中心の肉体改造をしたみたいで、

かなり馬を追えるようになったようです。

 

また騎手になって2年目で、

落ち着いて周りが見えるようになったのもあるでしょう。

 

今村聖菜騎手47勝

永島まなみ騎手17勝

古川奈穂騎手9勝、

藤田菜七子騎手7勝

 

2022年の現時点で、

女性騎手の中で2位を独走中。

 

もともと人気薄の馬に騎乗して、

馬券に絡むことで、一部では「穴党の味方」と言われていた騎手ですからね。

 

有力馬に騎乗したら、

それなりの結果を出すのは当然ちゃ当然。

 

◆永島まなみ騎手×1~5番人気

勝率22% 連対率33% 複勝率52%

単勝回収率143% 複勝回収率101%

 

期間は2022年9月~11月。

 

人気サイドの馬で回収率100%超えですから、

ファンの期待以上の成績を残しているという証明ですね。

 

こうなってくると厩舎サイドの信頼を獲得できるので、

よりいい馬が集まって、さらに結果が出れば、またいい馬が集まる。

 

まさに成功へのスパイラルに入ったと言えるでしょう。

 

また永島まなみ騎手はベタ買いでも

単勝回収率が138%ありますが、

前走逃げていた馬に騎乗すると、単勝回収率213%!

 

2022年の成績は以下の通り。

 

勝率17% 連対率23% 複勝率26%

単勝回収率213% 複勝回収率97%

 

まだ4kg減のアドバンテージがあることも要因のひとつだと思いますが、

逃げてペースをコントロールする能力にも長けているのかもしれません。

 

もともと能力があったのに乗り馬に恵まれなかっただけ。

 

だから能力的に覚醒!ではなく、

良い馬を集める能力の方が覚醒!したと言った方が正しいかもしれません。

 

これからどんどん躍進していくことは、間違いなし。

 

と私は考えています。

 

ちょうど3カ月前に書いた騎手があるので、

あわせてご覧ください↓

『馬券にもっとも貢献している女性騎手は4人のうち誰か?』田中洋平

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?