『2023年絶好調な騎手はこの10名!』田中洋平

 

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。

 

そして2023年も1/3が終わりました。

 

ここから宝塚記念まではイベント多数でアッという間。

 

そして夏競馬が終われば、

2023年の2/3が終わってしまう。

 

という先々の時間の流れの速さを、

すでに感じてしまうお年頃になってしまいました(^^;

 

それはさておき、

競馬の天才!5月号を読んでいて、

タイトルホルダーを管理する栗田徹調教師と、

横山和生騎手の関係性に興味を持ちました。

 

そこでTARGETで横山和生騎手の2023年の成績を調べてみると、

4月末時点で、単勝回収率200%という高い数値。

 

昨年の天皇賞・春をタイトルホルダーで勝利してから、

一気に覚醒した横山和生騎手。

 

2023年も引き続き、絶好調のようです。

 

そこでふと思ったのが、

2023年、好調な騎手は誰なのか?

 

というのを、

単勝回収率ベースで、トップ20名を書き出してみます。

 

なぜ、単勝回収率ベースなのか?というと、

単勝回収率が高い騎手は、人気以上に馬を走らせているということ。

 

分かりやすく、単勝1番人気を例にしてみましょう。

 

1番人気の平均勝率は33%、平均単勝配当は2.4倍。

 

勝率33×配当2.4=79%

 

このように平均の回収率くらいに落ち着きます。

 

しかし超優秀な騎手がいて、

1番人気の平均勝率以上に走らせることができたなら。

 

勝率50×配当2.4=120%

 

このように回収率が100%を超えます。

 

反対に1番人気をバンバン飛ばす騎手の場合。

 

勝率15×配当2.4=36%

 

このように単勝回収率36%と、目も当てられない回収率になります。

 

つまり期待できるであろう確率よりも勝たせている馬は、

自然と単勝回収率が高くなる、というわけです。

 

1,水沼元輝,364%
2,国分恭介,301%
3,武藤雅,242%
4,横山和生,200%
5,古川奈穂,184%
6,佐々木大,165%
7,水口優也,159%
8,田辺裕信,158%
9,高倉稜,130%
10,木幡巧也,128%
11,川島信二,123%
12,津村明秀,120%
13,泉谷楓真,120%
14,藤懸貴志,117%
15,吉田豊,115%
16,横山典弘,107%
17,吉田隼人,98%
18,酒井学,97%
19,角田大河,94%
20,石橋脩,92%

 

ただ万馬券を一発ブチ込んだら一気に回収率がハネるので、

勝率に注目してみます。

 

◆勝率10%以上

4,横山和生,200%

8,田辺裕信,158%

11,川島信二,123%

16,横山典弘,107%

 

この4名が、儲かる騎手ですね。

 

続いて、もう少し勝率がよい騎手。

 

◆勝率7%~9.9%

2,国分恭介,301%

5,古川奈穂,184%

12,津村明秀,120%

13,泉谷楓真,120%

17,吉田隼人,98%

この5名も儲かる騎手だと思います。

 

この9名の中で気になるのが、

やはり泉谷楓真騎手でしょうか。

 

まだ減量1kgの恩恵はありますが、

若手のなので、この先も伸びそうな気配。

 

この先も注目です。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ジョッキーブースター

6つのキャッシュポイントでしっかりとリターンを稼ぐ!
とにかく勝てない…
毎週買い方が違う…
自分の馬券に迷いが生じている!
あなたの悩みを、これで一発解決!
これらの悩みを「JOCKY-BOOSTER」は解決します。
競馬は(馬7:騎手3)と言われているのをご存じでしょうか?
レースの結果は、馬の実力が7割で、騎手の実力が3割という意味。
しかし3221勝中、リーディング30位までの30名で、2213勝を独占。
確率にすると68%になります。
残りの100名ほどの騎手で、残りの32%の勝ち星を分け合っている。
さすがに(馬3:騎手7)とまでは言いませんが、
(馬5:騎手5)
現代の競馬は、これくらいの比率で成り立っているケースもあります。
馬の能力が足りない部分を、騎手がフォロー。
状況が目まぐるしく変化する競馬のレースでは、騎手の能力は重要なのです。
これについては、あなたも否定することが出来ないでしょう。
JOCKY-BOOSTERは、騎手能力をとことん研究したロジックを搭載しています!