『やっぱりルメール騎手はすごいぞ!菊花賞!』田中洋平

 

今年の菊花賞は、

4番人気のドゥレッツァが勝利!

 

やっぱりルメール騎手はすごい!

というレース運びでしたね。

 

ゴールを過ぎた後に、

何度もガッツポーズをしていたのを見ると、

ルメール騎手もしてやったり!というレースだったのでしょう。

 

それにしても、

2着にはダービー馬のタスティエーラ、

3着には皐月賞馬のソールオリエンスが来たのは、

さすがだな、という印象。

 

少しカタチは違いますが、

皐月賞馬ナリタタイシン、ダービー馬ウイニングチケット、

菊花賞馬ビワハヤヒデだった1993年を思い出しました。

 

しかし、もう30年前なんですね。

 

時が経つのは早い…

 

まーそれは置いておいて、

ドゥレッツァは、上がり最速の脚で勝利。

 

菊花賞までのレースぶりをみてみると、

道中3~5番手から、上がり最速で差し切る競馬をしている。

 

つまり菊花賞では、

行きたがったので1周目は先頭に立ったが、

2周目はいつもの競馬をしただけなんでしょうね。

 

それを菊花賞本番でやってしまうのが、

ルメール騎手のすごいところ。

 

長距離戦は騎手で買え!とはよく言ったものです。

 

今さらですが、ルメール騎手の距離別の成績を調べてみました。

 

◆芝1000m~1300m

勝率17% 連対率33% 複勝率43%

単勝回収率109% 複勝回収率91%

 

◆芝1400m~1600m

勝率20% 連対率37% 複勝率49%

単勝回収率59% 複勝回収率78%

 

◆芝1700m~2000m

勝率24% 連対率43% 複勝率59%

単勝回収率61% 複勝回収率80%

 

◆芝2100m~2400m

勝率33% 連対率55% 複勝率62%

単勝回収率118% 複勝回収率94%

 

◆芝2500m~

勝率33% 連対率37% 複勝率63%

単勝回収率141% 複勝回収率99%

 

芝のレースだけですが、

長距離レースになると成績と回収率がすごいですね。

 

さすがはルメール騎手。

 

芝2100m以上の成績をまとめると、こうなります。

 

◆芝2100m~

勝率33% 連対率50% 複勝率62%

単勝回収率125% 複勝回収率95%

 

人気サイドの馬に乗ることが多いルメール騎手ですが、

この成績は、ほぼ1番人気と同等。

 

これはスゴイことですね。

 

ちなみに芝2100m以上の長距離戦で、

ルメール騎手が1~4番人気の馬に乗ったら、

こうなります。

 

◆芝2100m~(1~4番人気)

勝率37% 連対率53% 複勝率67%

単勝回収率136% 複勝回収率102%

 

1番人気の凌駕する素晴らしい成績ですね。

 

ちなみに同じくトップジョッキーの

川田将雅騎手の芝2100m以上の成績を調べてみました。

 

勝率34% 連対率44% 複勝率53%

単勝回収率83% 複勝回収率70%

 

成績面は悪くありませんが、

回収率がイマイチです。

 

人気の内訳を見てみると、

1番人気で勝っていることが多いので、

回収率がプラスまで伸びてない印象ですね。

 

馬のペースに合わせて乗るルメール騎手と、

ガシガシと馬を動かす川田将雅騎手の違いでしょうか。

 

もう菊花賞でバレバレだとは思いますが、

ルメール騎手の長距離は狙ってみましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!