『世界の矢作調教師は狙いどころが豊富ですごい!』田中洋平

 

2024年も調教師リーディングで、

上位争いをしている矢作芳人調教師。

 

出走レースの選択にこだわりがあって、

少しでも上位になれそうなレースを探すことに、

注力していると矢作氏の書籍に書いてありました。

 

そのため西高東低で相手が弱い

関東のレースへの遠征がおのずと多くなる。

 

2022年~2024年6月末の

1年半分の関東遠征データをみてみると、

ベタ買いで高い回収になります。

 

勝率13% 連対率22% 複勝率29%

単勝回収率98% 複勝回収率89%

 

ただこの中には、

狙って関東遠征していないパターン、

G1などの重賞や、オープン戦なども混ざっています。

 

そこで新馬、未勝利、1勝、2勝、3勝クラスと、

条件戦だけに限定してみます。

 

勝率15% 連対率23% 複勝率32%

単勝回収率107% 複勝回収率89%

 

このように意図して関東遠征している場合に限ると、

単勝回収率がプラスになります。

 

「矢作厩舎の関東遠征」は狙い目であることは、

もはや有名な格言のように浸透している状態。

 

だから投票する競馬ファンが多くなって、

オッズが辛くなるはずなんですが、

それでもプラス回収なのは驚きです。

 

世の競馬ファンの思う以上に、

矢作厩舎の関東遠征馬が好走をする、

ということなのでしょう。

 

さすがは「世界の矢作」ですね。

 

さらに矢作厩舎は、

前走で大敗した馬の立て直しがうまい。

 

前走10着以下に敗れている馬を、

今回ベタ買いしても、プラス回収になります。

 

勝率7% 連対率10% 複勝率15%

単勝回収率104% 複勝回収率69%

 

さらに今回で1~4番人気に推されると、

強烈な成績なります。

 

勝率28% 連対率43% 複勝率49%

単勝回収率148% 複勝回収率93%

 

前走10着以下に敗れていて、

今回1~4番人気に推されるような馬とは、

どんな馬なのか?

 

・前走重賞に出走していて、今回は自己条件戦

・前走はスポットでダート戦に出走していて、今回芝に戻る

・前走はスポットで芝を走っていて、今回ダートに戻る

・前走不良馬場で、今回は良馬場

・前走は定量戦で、今回はハンデ戦

・前走で上位人気に推されたが、不利など明確な理由で大敗した

 

こんな感じでしょうか。

 

この中で一番最後に挙げた、

前走上位人気に推されたパターンを見てみましょう。

 

◆条件

・前走1~4番人気で10~18着

・今回1~4番人気

 

勝率35% 連対率59% 複勝率71%

単勝回収率174% 複勝回収率130%

 

このように成績は単勝1番人気を凌駕して、

回収率面は大幅に100%を超えます。

 

「前走2番人気で11着に負けてるようじゃ、今回もダメだな」

 

こんな競馬ファンの予想を、

あっさり裏切る矢作厩舎の立て直し力。

 

すごいですね。

 

矢作厩舎の関東遠征馬と、

矢作厩舎の前走10着以下の馬には要注意!

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!