『残り少ない3歳未勝利戦もノーザンファーム生産馬ねらい!』田中洋平

 

2019年からスーパー未勝利が廃止されて、

秋競馬での3歳未勝利戦はなし。

 

秋に行われていた全てのレースが、

夏競馬に組み込まれるようになったので、

勝ち上がりのチャンスは9月の1週目までになりました。

 

2020年だと9月6日の日曜日まで。

 

あと1ヶ月とチョットですね。

 

ここまで来ると強い馬は勝ち抜けているので、

以下のような馬が未勝利戦に残ります。

 

・能力はあるけど勝ち切れない

・気性難でうまく能力を発揮できない

・相手なりにしか走れない

・ただ単に脚が遅い

・虚弱体質で順調にレースを使えない

・骨折などのアクシデントで休んでいた

 

などなど。

 

この時期の3歳未勝利戦となれば、

3戦連続2着の馬や、

5戦連続3着以内というような勝ち切れない馬が1番人気になる。

 

あとはデビュー戦で善戦するも骨折して休養、

今回は休み明けという馬が、潜在能力を見込まれて2~3番人気。

 

そして4~5着続きの馬が、4~5番人気。

 

という感じでしょうか。

 

すべての馬が一長一短、

決め手に欠ける感じで、馬券予想が難しいメンバー構成ですよね。

 

ところが、

ノーザンファーム生産馬は、この時期でもしっかり走ります。

 

検証したデータの条件は以下の通り。

 

・2015年~2019年の5年間

・7~9月

・3歳未勝利戦

 

この条件で「着別度数」のトップ10を抜き出してみます。

 

 

やはり巨大組織のノーザンファームは、

出走させている頭数も多いですね。

 

ノースヒルズやグランド牧場に成績面はやや劣りますが、

まずまずの成績ですし、単勝回収率もプラスになっています。

 

ではノーザンファームのデータだけを抜き出して、

狙える条件を絞ってみましょう。

 

まず1つ目の条件はキャリア3戦以内。

 

キャリアは間違いやすい条件の1つで、

3戦以内ということは、MAXで今回4戦目ということ。

 

今回がデビュー戦、2戦目、3戦目、4戦目の馬は、

これに該当するという意味です。

 

このキャリア3戦以内に絞る理由ですが、

さすがのノーザンファーム生産馬でも、

8戦、9戦しても勝ち上がれない馬は能力的に厳しい。

 

キャリア3戦以内であれば、

育成時にアクシデントがあってデビューが遅れた。

 

デビュー戦で怪我をして、復帰戦がこの時期になった。

 

4~6月の遅生まれでデビューが遅れた、

などの能力はあるけど、何らかの理由で勝ち上がれていない。

 

こんなノーザンファーム生産馬を狙い撃ちにするための条件です。

 

そして次の条件が、前走からの馬場変更。

 

芝からダート、ダートから芝へ、

前走から馬場を変更した馬を除きます。

 

その理由は、

デビューから3戦以内の馬場変更は、

調教師がその馬の適性を掴めていないから。

 

競走馬は血統背景や体型から、

調教師が芝デビューか、ダートデビューかを決めます。

 

芝で2戦したけど結果が出ないのでダートへ。

 

こんなパターンでいきなり激走する馬もいますが、

確率的にはレアケース。

 

まぐれ当たりの感は否めません。

 

やはり能力をきっちりと見極められて、

その路線で使われている馬の方がブレがない。

 

ということになります。

 

では条件をおさらいしましょう。

 

・7~9月の3歳未勝利戦

・ノーザンファーム生産馬

・デビュー3戦以内

・馬場変更がない馬(芝→芝、ダ→ダ)

 

この4つの条件で、以下のような成績になります。

 

 

さすがはノーザンファーム!という成績ですね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録