『オレの騎手買い!というコンテンツを始めてみる』田中洋平

 

このケイバ5で11月23日に、

『あの騎手が大変なことに!買うなら今しかない!』という記事を書きました。

 

ただいま吉田隼人騎手が激アツ中!という内容なのですが、

騎手はその時代のトレンドによって、大きく成績が左右される。

 

それは数年前までG1を勝ちまくっていた

ミルコ・デムーロ騎手の現在の成績を見れば納得いくと思います。

 

一般的に見ると悪くはないレベルですが、

求められている結果を残せているかと言うと、残念ながら残せていないでしょう。

 

このように少しでも業界の流れが変われば、

大きく影響を受けるのが、騎手というファクターです。

 

だから騎手や調教師の過去データは、馬券術向きではない!

ということ。

 

その時期によって成績が上げ下げするようでは、

アテにしづらいので、馬券術として成り立たないわけです。

 

それを書いたのが下の記事。

 

『あの騎手が大変なことに!買うなら今しかない!』田中洋平

 

まずは現在の記事を読んでもらって、読み終わった後に上記の記事をご覧ください。

 

で、先に進めて行くと、

ずっと固定で使いたい馬券術には不向きの騎手ファクターも、

ちょこちょこ状況を見ながらお手入れすれば、ちゃんと使えるのはないか?

 

あなたもこう思っていると思います。

 

まさにその通りで、

半年~1年くらいのスパンで環境を見直せば、十分使えるようになると思います。

 

例えば吉田隼人騎手のように、

これからブレイクしそうな騎手をみつけて先物買いをする。

 

この作戦は減量の見習い騎手なんかにも使えるでしょうね。

 

そして成績が下降し始めたら、パッと手放して買わない。

 

なんだか株式のようですが、

定期的に見直すというお手入れがしっかり出来るのであれば、

騎手のトレンド買いもアリでしょう。

 

ということで、

私が定期的に見直してお手入れをする、

「オレの騎手買い!」というコンテンツを始めようと思います。

 

このコンテンツは、

これからググっと伸びそうな騎手を狙うのではなく、

堅実タイプの騎手を狙います。

 

今でいうと川田将雅騎手と、ルメール騎手。

 

ここ数年はリーディング上位争いを繰り広げている2人で、

この2人だけで年間300勝以上を稼いでいます。

 

 

JRAの年間レース数が約3330レースなので、

全体の10%ほどを、川田将雅騎手とルメール騎手で独占。

 

ちなみにJRA所属の騎手は120名ちょっと。

 

10% → 2名

90% → 118名

 

ザックリ言うと、このような配分になります。

 

また素の連対率が45%くらいあるので、

1日12レースに置き換えると、5レースで連対する。

 

この2人から馬連を買えば、2回に1回は的中するわけです。

 

これを利用しない手はないですよね。

 

そこで川田将雅騎手とルメール騎手の騎乗馬を厳選。

 

3ランクの自信度に分類しました。

 

 

当然、Aランクが狙い目になりますが、

Aランクに該当するのは、全体の20%ほど。

 

5回に1回しかありません。

 

断層インパクトに対する対象レース数の少なさの指摘が、

相変わらず多いのですが、

厳選してるんだから、対象レースが少ないのは当たり前のこと。

 

まずはこのことを理解しましょう。

 

1頭の牛からわずか数グラムしか取れない希少な部位の肉。

 

だから美味しくて価値が高い。

 

これと同じですね。

 

まーまずい肉でもいいので食べたいのであれば、

自信度Bで参加するか、自信度Cで川田将雅騎手とルメール騎手を買わない。

 

という選択肢もあります。

 

オススメはしませんけどね。

 

では先週の結果です↓

 

 

データにまとめると以下の通り。

 

・自信度A

勝率100% 連対率100% 複勝率100%

単勝回収率170% 複勝回収率110%

 

・自信度B

勝率25% 連対率33% 複勝率50%

単勝回収率51% 複勝回収率63%

 

・自信度C

勝率13% 連対率25% 複勝率31%

単勝回収率73% 複勝回収率50%

 

先週はルメール騎手の成績が、あまりにも悪すぎましたね。

 

だから自信度Bの成績がガタガタですが、

1週間分のデータだけをみて判断するのはドシロウトの意見。

 

また自信度Aのレースが1つしか該当しなかったですが、

これもたまたまなので、来週はもっと多く該当するハズです。

 

確認のために繰り返し記しておきますが、

自信度Aの出現率は20%ほどなので、騎乗機会5回に1回の割合です。

 

では次の疑問に行きましょう。

 

自信度Aを狙うのは分かったけど、回収率が100%超えてないですよね?

 

単勝回収率97%って、

買えば買うほど損するじゃないですか!

 

こんな意見が聞こえてきそうです。

 

これはちょっとした技術介入で、プラス回収に持って行ける。

 

例えば自信度Aの馬から、

馬連全流し(全頭買い)をすれば回収率は88%あります。

 

馬連の控除率が低いから回収率がダウンするのですが、

出走している全頭を買う必要はないですよね?

 

18頭立てから自信度Aの馬を抜いたら17頭。

 

この中から5頭くらいを、あなたが選んで馬券を買えば良いだけ。

 

2着以内に入りそうな馬を、

17頭の中から5頭選ぶだけですからね。

 

これを難しいと感じる競馬ファンは少ないでしょう。

 

あとは自信度Aの馬が、

人気を被らないシチュエーションだとプラスになります。

 

◆自信度A(単勝オッズ2倍~)

勝率36% 連対率54% 複勝率66%

単勝回収率105% 複勝回収率88%

 

自信度Aの馬が単勝1倍台の場合は、

全体的に配当妙味が薄くなってしまうのでスルーする。

 

こんな作戦でもOKです。

 

よく馬券に絡む川田将雅騎手と、ルメール騎手ですからね。

 

人によっては、あっさりプラス回収に持って行けるでしょう。

 

この「オレの騎手買い!」は、

下記の無料メルマガで公開します↓

ニッカンコンピ激勝馬券倶楽部(まぐまぐ)

 

まだ読んでいない方は、登録しておいてください。

 

競馬開催当日の朝7時ごろに配信するので、

届かない場合は、必ず迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

迷惑メールフォルダにもない場合は、

先ほどのページから、違うメールアドレスで再登録をお願いします。

 

またしばらく間は、騎手勢力図に大きな変化はない思いますが、

動きがあれば、入れ替えるなど柔軟に対応しようとは考えています。

 

では今週末をお楽しみに♪

 

続いてこちらの記事もご覧ください↓

 

『あの騎手が大変なことに!買うなら今しかない!』田中洋平

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録