『フェブラリーSで活躍した8歳馬に惑わされてはいけない理由』田中洋平

 

2021年のG1第一弾となるフェブラリーSですが、

1番人気でルメール騎手騎乗のカフェファラオが優勝。

 

そのカフェファラオの父親は、

2015年のアメリカクラシック3冠馬のアメリカンファラオ。

 

※アメリカクラシック3冠馬

ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス

 

アメリカンファラオの産駒は他に、

地方競馬のジャパンダートダービーを制したダノンファラオに、

エイシンヒカリ2世と言われている規格外のリフレイムなど。

 

日本で走り出したのはカフェファラオの4歳世代からなので、

いきなり結果を出したすごい種牡馬ですね。

 

ダート界ではこの先も注意が必要でしょう。

 

あと今年のフェブラリーSの結果を見て

気になった人が多いと思うのが、2~3着馬の年齢。

 

2着馬エアスピネルが8歳、

3着だったワンダーリーデルも8歳です。

 

もうさすがにピークを過ぎただろう、

という空気もあり、馬券から外した人も多いかと思います。

 

勝負レースではなかったので馬券を買っていないですが、

もし私が今年のフェブラリーSの馬券を買うなら、

8歳馬2頭の馬券は買っていなかったと思います。

 

やはり競走馬の能力のピークは4~5歳ですからね。

 

その能力のピークを越えると、徐々に成績が下降して行くのが当たり前。

 

7歳や8歳馬の馬券を買うのは、

私に言わせると超非効率なわけです。

 

でも8歳のエアスピネルとワンダーリーデルが

G1で2~3着に来たじゃないですか!

 

やっぱり高齢馬も買わないとダメじゃないですかね?

 

とシタリ顔で言われそうですが、

これは確率の問題で、マグレで来るときもあるよ!

というレベルの話。

 

では直近5年分の重賞(G1、G2、G3)の年齢別の成績をご覧ください。

 

 

芝、ダートともに、

7歳以上の馬の成績がイマイチなのが分かります。

 

でもまったく馬券に絡めないわけではなくて、

直近5年間で芝なら59連対、ダートは18連対しています。

 

出走頭数のわりに馬券に絡む確率が低いだけで、

まったく馬券に絡めないわけではない。

 

ここを勘違いしないようにしましょう。

 

5回に1回アタリが出るガチャガチャと、

10回に1回アタリが出るガチャガチャ。

 

1回100円で、アタリの景品は同じ。

 

あなたはどっちのガチャを回しますか?

 

そりゃ5回に1回アタリが出るガチャでしょう。

 

重賞で4歳、5歳馬を馬券を買うのは5回に1回で、

7歳以上の馬券を買うのは10回に1回という感じですね。

 

だから私は7歳以上の馬券を率先して買わない!

という結論になるのです。

 

まー7歳以上の中にもアタリは入っているので、

自己責任で臨機応変に、馬券を買うのは良いのかもしれません。

 

ということで、重賞で7歳馬以上の馬券を買う指標を、

紹介しておきたいと思います。

 

 

単勝オッズ50倍で2つに区切りましょう。

 

重賞で7歳以上の馬は、1~49.9倍なら買える材料あり。

 

反対に50倍以上であれば、問答無用で切って良さそうです。

 

競馬は確率論で絞って行って、最後は能力系ファクターで取捨選択。

 

これが勝てる方程式だと私は考えています。

 

コンピ指数である程度狙いを定めて、最後は能力系のファクターで取捨選択。

 

これと同じですね。

 

この際、非効率な部分は捨ててしまって、

チャンスが多い部分で勝負するという考え方。

 

あなたはどう思いますか?

 

馬券を見直す取っ掛かりになれば幸いです。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録