『オークスコンピ予想会告知とオークスの事前展望!』田中洋平

 

いよいよ、今週末の22日(土)に、

オークスのオンラインコンピ予想会が開催されます。

 

今回は事前登録の必要なし。

 

その日に見たくなったら、アクセスすれば見れます。

 

詳細はコチラ↓

 

——————————————————————————————-

オークス前日の5月22日(土)20:00~、オンラインでコンピ予想会を開催します。

皐月賞前日の配信ではエフフォーリア、ステラヴェローチェを推奨。

今回は事前の申し込み不要。下記の極ウマ公式YouTubeチャンネルで生配信します。

出演は、「テクニカル6」の田中洋平さん、コンピ指数の使い手・浦部記者、細井記者です。

コンピ指数の使い方、テクニカル6についてもレクチャーします。

——————————————————————————————-

 

ライブ配信のページはこちらからご確認ください。

https://p.nikkansports.com/goku-uma/info/seminar/?y=2021&m=oaks

 

前回の皐月賞に続いて2回目なので、今回はノビノビとやれそうです(^^

 

それとすでにオークスに関係するコンピ資料をまとめ終えましたが、

しっかりとした傾向が見えたので、それをオンライン予想会で披露したいと思います。

 

1時間くらいなので、ぜひご覧になってください。

 

ということで、コンピ面からの攻略は22日までのお楽しみとして、

今日はローテーション面から、オークスを攻略したいと思います。

 

過去10年の前走データを見ると、ローテーションの傾向がくっきり。

 

桜花賞 → 11連対

フローラS → 5連対

忘れな草賞 → 3連対

スイートピーS → 1連対

 

この4レースを経由した馬しか、連対していません。

 

さらに忘れな草賞とスイートピーSは、

前走1着だった馬しか、オークスでは連対できていない。

 

フローラSの場合はもう少し寛容で、

前走1~3着だったら、オークスで連対の実績あり。

 

フローラSで4着以下の馬は、

2016年に5着だったビッシュが、オークスで3着になっただけ。

 

基本はスルーで良さそうですね。

 

そして最後に主流の桜花賞組ですが、

こちらも基本は1~3着だった馬で良さそう。

 

桜花賞1~3着 → オークス9連対(25頭中)

桜花賞4着以下 → オークス2連対(54頭中)

 

桜花賞4着以下の馬は、確率がかなり悪いですよね。

 

ちなみに桜花賞4着以下から巻き返した馬は、

2013年のメイショウマンボと、2015年のルージュバック。

 

どちらも桜花賞で人気に推されながら、結果を出せなかった馬。

 

このパターンの場合だけ注意すれば、問題なさそうですね。

 

ではまとめます。

 

桜花賞1~3着

フローラS1~3着

忘れな草賞1着

スイートピーS1着

 

基本はこの8頭でOKでしょう。

 

・桜花賞

1着 ソダシ

3着 ファインルージュ

4着 アカイトリノムスメ

(※サトノレイナス回避で繰り上がり)

 

・フローラS

1着 クールキャット

2着 スライリー

3着 ユーバーレーベン

 

・忘れな草賞

1着 ステラリア

 

・スイートピーS

1着 タガノパッション

 

あとはオークス前日のコンピ指数を見ながら、

狙うゾーンを決めましょう。

 

例えばコンピ指数予想が、

コンピ1~5位までの堅い決着で決まりそう!というものだった場合、

コンピ1~5位の中で上記の8頭に該当している馬を買えば良い。

 

という感じです。

 

ローテーションも絶対ではないですが、

確率を高めてくれるので、アテにはなると思います。

 

では22日、

オークスのオンラインコンピ予想会でお会いしましょう。

 

ライブ配信のページはこちらからご確認ください。

https://p.nikkansports.com/goku-uma/info/seminar/?y=2021&m=oaks

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録