『インでドン詰まるルメール騎手を消せば高配当が狙える!?』田中洋平

 

11月27日(土)の東京3レースは、

ルメール騎手が騎乗するエピファニーが、単勝1.7倍の1番人気。

 

この馬はオークスと秋華賞の2冠を制したミッキークイーンの近親で、

デビュー戦は上がり最速の脚を使って0.2秒差の2着。

 

能力は確かさを証明して、勝ち上がりは時間の問題という馬でした。

 

しかしこのレースの結果は、3着。

 

その理由は、直線で前が開かなくてドン詰まったから。

 

これ↓

 

 

白い帽子のシルクの馬がエピファニー。

 

ルメール騎手はスマートなので、このわずかな隙間にムリヤリ突っ込んだりはしない。

 

じっと我慢して、前が開くのを待つタイプです。

 

そしてやっと、馬群がバラけました↓

 

 

しかーし!

 

ここから外に出してGOサインを出しても、

外から先に抜け出した馬とは、スピードの勢いが違います。

 

 

 

この時点ですでに、5~6馬身くらいの差はついてますね。

 

そしてここから猛然と追い上げます↓

 

 

最後は内にいる黒い帽子のエテルナをかわして3着に入るも、

勝った9番のサンストックトンとは5馬身差。

 

インで追い出しを待たされた分の差が、そのまま着差に響いた感じです。

 

強引にこじ開けるような騎乗はせず、

上手く流れに乗る騎乗が多いルメール騎手。

 

そこはルメール騎手の良い点でもあり、弱点でもあるような気がします。

 

他にもたくさんあります↓

 

 

10月16日 東京2レース

1枠1番 ヴェールアンレーヴ 3着(2番人気)

 

 

10月6日 東京10レース

1枠1番 ソルドラード 3着(2番人気)

 

 

10月31日 東京3レース

1枠1番 ハリウッドフェーム 3着(1番人気)

 

 

ルメール騎手が内枠に入って、逃げ馬の後ろのポジションに陣取った時。

 

直線ではほぼドン詰まると考えた方が良いでしょう。

 

とくに東京。

 

デジャヴのように繰り返されています。

 

こうなってくると、

ルメールの内枠は消して妙味ありなんじゃないか?

 

という推理が思い浮かびますよね。

 

・2021年

・ルメール騎手

・1枠

・1番人気

 

この4つの条件で調べてみましょう↓

 

 

東京では「神」でした。

 

うーん、やっぱり実際に調べてみないと、パッと見のイメージとは違いますね。

 

そして上記データを見た感じでは、中山の1枠がヤバイ。

 

もしかすると、ここにお宝ゾーンがあるのかもしれません。

 

このように実際に調べてみないと分からないことが、

競馬にはよくあります。

 

レースを見た印象や、

あとはネットニュースの情報なんかを鵜呑みにせず、

自分でしっかり調べるクセをつけましょう。

 

そうすればルメール、中山、1枠のようなキラーポイントが、

偶然見つかることもある。

 

好走パターン、または凡走パターンをイメージして、

TARGETのレース検索で調べる。

 

これを繰り返せば、必ずスキルアップに繋がります。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?