『京阪杯2021の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「京阪杯」の
穴馬探しをお届けします。

京阪杯は
11月28日(日)に
ジャパンCのウラ開催で
行われる短距離重賞。

今年も「阪神」の
芝1200mで行われます。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

 

 

【ポイント1】
西高東低

→まずは、施行場に
あまり関係のない
話ですが、当レースで
最も留意しておきたい
件についてお伝えします。

近10年の当レースの
東西所属別・成績を
診てください。

 

関東馬 複勝率 4% 0.0.1.25
関西馬 複勝率21% 10.10.10.113

 

関東馬もけっこう
出てくる一戦ですが、
地元・関西馬に見事に
返り討ちに遭っています。
ここまで極端な傾向は
ちょっと珍しいほどの
「西高東低」レース。

ちなみに、近10年の
関東馬で唯一馬券圏に
好走したのは2017年の
イッテツ。14番人気で
3着に快走しました。

その時のイッテツと
「共通項」がありそうな
関東馬なら、ちょっと
狙ってみていいのかも
しれませんが、基本的には
関東馬苦戦のレースです。

 

 

【ポイント2】
荒れ芝の阪神!
短距離戦の「傾向」を
チェック ~血統~

→昨年は秋開催4週目に
行われた当レース。

しかし今年は8週目施行。
馬場は、昨年と比較に
ならないほど荒れ果てて
います。

そこで、近3週=
11月に入ってからの
荒れ馬場の阪神の
「芝の短距離戦」で、
どんな血統の馬が
好走しているかを
チェックしておきます。

なお阪神芝1200mは
施行数が少ないこと、
阪神は芝1200mと
1400mのレースの質が
似ている事などから、
芝1200~1400mの
データで診ていきます。

近3週=
11月に入ってからの
阪神芝1200~
1400m戦における、
「種牡馬」別の成績は
下記のとおり。

 

イスラボニータ   複勝率50% 1.0.1.2
ディープインパクト 複勝率33% 1.0.0.2
ルーラ-シップ   複勝率25% 1.0.0.3
ダイワメジャー   複勝率25% 0.1.0.3
シルバーステート  複勝率20% 1.0.0.4
ブラックタイド   複勝率20% 0.1.0.4
ミッキーアイル   複勝率20% 0.1.0.4
ロードカナロア   複勝率15% 1.1.0.11
キズナ       複勝率14% 0.0.1.6
オルフェ-ヴル   複勝率 0% 0.0.0.3
ハ-ツクライ    複勝率 0% 0.0.0.4

 

注目はロードカナロア。
大不振です。

じつは今年1~10月の
ロードカナロア産駒の
阪神芝1200~1400mでの
成績は〈6.6.4.29〉、
複勝率36%。

それと比べて、今月の
ロードカナロア産駒は
同舞台で複勝率15%。
さっぱりダメなのです。

ロードカナロア産駒=
高速馬場が得意と常に
お伝えしていますが
やはり馬場が荒れた事で
産駒が苦しむ頻度が
増えているというコト。

今年の当レースにも
上位人気馬を含め
産駒が登録していますが、
過信禁物と診ています。

 

 

【ポイント3】
荒れ芝の阪神!
短距離戦の「傾向」を
チェック ~調教~

→続いて、近3週の
阪神の芝短距離戦で、
どんな調教の馬が
好走しているかを
診ておきましょう。

近3週の阪神芝1200~
1400m戦における、
「最終調教の内容」別の
成績は下記のとおり。

 

栗東坂路
 馬ナリ 複勝率31% 1.4.6.25
 強め  複勝率33% 4.0.0.8
 一杯  複勝率11% 1.2.0.25
栗東Cウッド
 馬ナリ 複勝率22% 1.0.1.7
 強め  複勝率18% 1.0.1.9
 一杯  複勝率11% 0.0.1.8

 

明らかに「一杯」に
追ってきた馬が際立って
不振です。

今のタフな阪神の馬場を
「全速力」で駆け抜ける
目下の阪神芝短距離戦の
直前にタフな追い切りを
かけてしまうと、単純に
体力的に持たなくなる面が
あるのかもしれません。

ともあれここまで極端な
傾向で現れていますので
当データは気にかけて
おきたいと思います。

 

 

【ポイント4】
前走G1出走馬が大不振

 

→再び施行場にあまり
関係のないデータの
話に戻ります。

近10年の前走の
クラス別成績を診て
ください。前走でG1に
出走した馬の成績が
最も良くありません。

 

前走G1   複勝率10% 1.0.1.19
前走G2   複勝率20% 1.4.3.33
前走G3   複勝率19% 3.0.0.13
前走OP   複勝率16% 3.4.5.61
前走条件戦  複勝率31% 1.2.2.11

 

前走でG1に出走して
きた馬=格上馬ゆえ
G3のココならもっと
走って不思議がない
ハズですが、前走で
G1に出走=つまり
前走が「大勝負」の
レースだったという事。

そんな目イチレースで
力を振り絞ってきた後に
ここへ続戦してきても
もう力が残っておらず
苦戦を強いられがち、と
いうことなのでしょう。

 

 

【ポイント5】
牝馬があまり強くない

 

→近10年の牡牝別成績を
診てください。牝馬の
成績が良くありません。

 

牡馬 複勝率20% 9.5.7.82
牝馬 複勝率15% 1.5.4.56

 

スプリントレース=
牝馬が牡馬に通じやすい
ジャンルですが、この
レースは牝馬の活気が
落ちる冬直前に行われて
いること、消耗馬場と
化した最終週の京都で
行われていること等が
牝馬不振の要因なのかも
しれません。

今年も消耗馬場での
開催ですので、牝馬に
とっては引き続き
ラクでは無いレースに
なるのではと診ます。

 

 

以上5点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!