『愛知杯2022の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「愛知杯」の
穴馬探しをお届けします。

愛知杯は
1月15日(土)に
中京芝2000mで行われる
牝馬のハンデ重賞です。

土曜施行の一戦ですので
早速、愛知杯のポイントを
幾つかお伝えしましょう。

なお、2020年の
当レースは
小倉で行われました。

また、現行の
「1月施行」となったのは
2016年以降です。

したがってココでは、
2016年~2019年と
昨年の「計5年」の
傾向データから
お伝えしていきます。

 

 

【ポイント1】
穴は「5歳以上」の馬が
空けるレース

→2016年~2019年と
昨年の「計5年」の
当レースでの、馬齢別の
成績を診てください。

 

4歳  複勝率25% 1.1.2.12 
5歳  複勝率25% 3.3.1.21
6歳上 複勝率10% 1.1.2.35

 

このように、4歳と
5歳で互角の様相です。

ただ、大切なのは
「穴」を空けているのは
5歳以上の馬ばかりと
いう点です。

「計5年」の愛知杯で
5番人気以下で馬券圏に
好走した穴馬は下記の
9頭ですが、9頭すべて
5歳以上の馬でした。

 

16年 バウンスシャッセ (5歳) 1着 8番人気
16年 リ-サルウェポン (5歳) 2着 5番人気
17年 サンソヴ-ル   (6歳) 2着 10番人気
17年 クインズミラーグロ(5歳) 3着 6番人気
18年 エテルナミノル  (5歳) 1着 6番人気
18年 レイホ-ロマンス (5歳) 2着 11番人気
19年 ワンブレスアウェイ(6歳) 1着 8番人気
21年 ランブリングアレ-(5歳) 2着 6番人気
21年 ウラヌスチャーム (6歳) 3着 8番人気

 

つまり、明け4歳馬は
この時期の施行に移動した
愛知杯で、まったく穴を
空けていないのです。

明け4歳馬も5年間で
4頭好走はしていますが
全て上位人気馬でした。
(4・1・4・2番人気)

この時期の5歳以上の
牝馬は「繁殖入り」を
目前に控えた馬も多く
目イチの仕上げが
施されているケースも
少なくないですが、
逆に4歳馬は「先」を
見据えた仕上げが多い
ワリに(明け4歳ゆえの)
フレッシュ感が票を
過剰に集めることから、
当現象が現れているのだと
思います。

 

 

【ポイント2】
レース間隔が詰まっている
馬が狙い目?

→2016年~2019年と
昨年の「計5年」の
当レースで馬券圏に
好走した15頭のうち
11頭が「中5週以下」の
間隔で使っていた馬でした。

 

16年1着 バウンスシャッセ  7ケ月ぶり 
16年2着 リ-サルウェポン  中4週
16年3着 アースライズ    中2週
17年1着 マキシムドパリ   中2週
17年2着 サンソヴ-ル    中3週
17年3着 クインズミラーグロ 中2週
18年1着 エテルナミノル   中3週
18年2着 レイホ-ロマンス  中3週
18年3着 マキシマムドパリ  中4週
19年1着 ワンブレスアウェイ 中3週
19年2着 ノームコア     2ケ月半ぶり
19年3着 ランドネ      中5週
21年1着 マジックキャッスル 3ケ月ぶり 
21年2着 ランブリングアレ- 中3週
21年3着 ウラヌスチャーム  2ケ月ぶり

 

中3週以下が8頭を占め、
中5週以内が11頭。
これほど「前走からの
間隔が詰まっている馬」
ばかり好走している
重賞も珍しい印象です。

年末年始の変則調教を
挟む時期ですから、特に
繊細な牝馬は調整が
非常に難しい。結果的に
太め残りで出走してくる
馬も少なくありません。

ですので、前走からの
レース間隔が短かめの
馬のほうが(すでに
体がデキているため)
太目残りで出てくる
リスクが少なく、結果も
出せているのでしょう。

 

 

【ポイント3】
穴は東から?

→2016年~2019年と
昨年の「計5年」の
愛知杯における東西別の
成績を診てください。

 

関東馬 複勝率26% 3.2.2.20
関西馬 複勝率14% 2.3.3.48

 

このように、ほとんど
ダブルスコア状態です。
関東馬が大健闘。

中京は関東からの輸送が
道路事情的に便利。
ゆえに関東馬も頑張れる
舞台ですが、この
レースについても関東馬が
よく頑張っています。

しかも、好走した
関東馬7頭は「人気薄」が
多いのも特徴。7頭の
人気順を診てください。

 

16年1着 バウンスシャッセ   8番人気
17年2着 サンソヴール    10番人気
17年3着 クイーンミラーグロ  6番人気
19年1着 ワンブレスアウェイ  8番人気
19年2着 ノームコア      1番人気
21年1着 マジックキャッスル  2番人気
21年2着 ウラヌスチャーム   8番人気

 

このように7頭中5頭が
「6番人気以下」です。

中京施行の一戦ですから
新聞の馬柱などで予想印を
付けるのは、関西所属の
トラックマン。どうしても
関西馬の印が厚くなります。
ゆえに「不当に低人気と
なった関東馬」が激走する
ケースが多めに現れている、
というコトでしょう。

いずれにせよ不当に
人気を落としている印象の
関東馬がいれば、狙って
みたいレースです。

 

 

【ポイント4】
内枠馬が不振

→愛知杯最大のキモは
これかもしれません。

2016年~2019年と、
昨年の「計5年」の
愛知杯における馬番別の
成績を診てください。

 

01~03番枠 複勝率 7% 0.0.1.14
04~06番枠 複勝率27% 2.1.1.11
07~09番枠 複勝率27% 0.2.2.11
10~12番枠 複勝率20% 2.1.0.12
13~18番枠 複勝率13% 1.1.1.20

 

このように一目瞭然、
3番枠から内の枠だけ
複勝率が極端に低い。
好走がたった1頭です。
明らかに内枠不振の
傾向が現れています。

トラックの構造的な事
モマレ弱い牝馬のレース、
この時期の馬場などが
おそらく要因でしょう。

 

 

 

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録