『やっぱりすごいレーン騎手!最終週でガッポリ!』田中洋平

 

4月15日から短期免許で来日している

ダミアン・レーン騎手。

 

身元引受は堀宣行調教師で、

契約馬主は、ノーザンの吉田勝己氏。

 

タスティエーラでのダービー制覇は、

記憶に新しいところ。

 

そしてダービー当日の最終レース行われた、

目黒記念も、ヒートオンビートで重賞連勝と大暴れでした。

 

タスティエーラもヒートオンビートも、

どちらも4番人気と、ガチガチの1番人気じゃなかったところも、

レーン騎手のすごいところですね。

 

これは私の勝手なイメージなのですが、

海外と言っても、オーストラリアの競馬は、

日本の競馬より一枚落ちる印象。

 

欧州・米国 > 日本 > オーストラリア

 

日本の競走馬がオーストラリアのG1をバシバシ勝っているので、

なんなく日本の競馬の方が優れているイメージなんですよね。

 

だから騎手のレベルも、

日本の方が高いと思っていましたが、

イコールではなさそう。

 

レーン騎手以外のオーストラリア騎手の来日成績をみても、

けっこう好成績の騎手が多いんですよね。

 

トップジョッキーが来日しているので、

騎手全体のレベルがどうなのか?は分かりませんが、

オーストラリアの騎手は日本と相性が良いのかもしれません。

 

ということで、

今回のレーン騎手の日本での成績です。

 

勝率27% 連対率40% 複勝率56%

単勝回収率105% 複勝回収率91%

 

人気サイドの馬に乗ることが多いとは言え、

1番人気に近い成績で、単勝回収率は100%を超えている。

 

これは人気以上に馬を走らせている証拠ですね。

 

続いて、芝とダートで分けてみましょう。

 

◆芝

勝率29% 連対率46% 複勝率59%

単勝回収率125% 複勝回収率96%

 

◆ダート

勝率23% 連対率31% 複勝率51%

単勝回収率75% 複勝回収率84%

 

外国人騎手あるあるですが、

ダートよりも芝のレースの方が好成績。

 

ちなみにデータの検証期間は4/15~5/28です。

 

ということで、

先週末のレーン騎手の成績をみてみましょう。

 

◆6/3(土)

芝 → 3,1,9,3,2着(複勝率80%)

ダ → 1,7,8,2着(複勝率50%)

 

◆6/4(日)

芝 → 1,1,3,6,2着(複勝率80%)

ダ → 5着(複勝率0%)

 

いかがでしょう?

 

やはり芝のレースでは好成績で、

ダートでは思ったより、成績がよくないですよね。

 

ということで、

レーン騎手を狙うなら芝のレース。

 

なかでも身元引受になっている堀宣行調教師の馬に乗れば、

以下の成績です。

 

◆芝+堀宣行厩舎

勝率27% 連対率46% 複勝率55%

単勝回収率289% 複勝回収率110%

 

単勝回収率が300%近い、好成績ですね。

 

さらにレーン騎手は、

先行する意識が高い傾向にあります。

 

◆芝+前走逃げ先行していた馬

勝率43% 連対率54% 複勝率61%

単勝回収率162% 複勝回収率95%

 

◆芝+前走差し追込だった馬

勝率17% 連対率40% 複勝率57%

単勝回収率95% 複勝回収率87%

 

だから先行力のある馬に乗ると、

成績と回収率がハネ上がるわけです。

 

そんなレーン騎手も、

今回の短期免許は6月13日まで。

 

なのでJRAでは、今週末がラスト騎乗になります。

 

うまく特徴をつかんで、ガッポリいきましょう!

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

データ競馬:TARGET frontier JV


・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓