『ローズS2023の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ローズS」の
穴馬探しを
お届けします。

次週末は
土・日・月の
3日間開催となります。

ローズSは日曜=
9月17日に
阪神で行われる
秋華賞トライアル。

1~3着馬に
秋華賞の優先出走権が
与えられます。

早速ローズSの
ポイントを
お伝えします。

 

 

【ポイント1】
オークス組 vs
2勝クラス組

→当原稿の近10年=
中京で施行された
ココ3年を除く、
2010年~2019年の
10年間とします。

近10年の当レースに
おける前走別・成績を
診てください。

 

オークス      複勝率29% 8.4.3.36
オークス以外のGI 複勝率 0% 0.0.0.10
GI以外のオープン 複勝率20% 0.2.0.8
3勝クラス      複勝率 0% 0.0.0.2
2勝クラス      複勝率25% 0.1.6.21
1勝クラス      複勝率14% 2.2.1.31

 

基本的には
オークス以来の
休み明けの馬が
よく走っていますが、
それに対抗するのは
2勝クラス経由馬。

2勝クラス組の
好走馬7頭の大半は
前走4着以内に入って
いました(下記)。

 

11年3着馬 7番人気 前走2勝クラス1着
12年3着馬 3番人気 前走2勝クラス3着
14年3着馬 9番人気 前走2勝クラス4着
15年3着馬 2番人気 前走2勝クラス1着
16年3着馬 6番人気 前走2勝クラス6着
17年2着馬 6番人気 前走2勝クラス2着
18年3着馬 13番人気 前走2勝クラス4着

また、前走で
1勝クラスを走って
好走した5頭は
すべて、前走で
勝っていました。
(下記)

 

13年2着馬 9番人気 前走1勝クラス1着
13年3着馬 10番人気 前走1勝クラス1着
15年1着馬 7番人気 前走1勝クラス1着
17年1着馬 8番人気 前走1勝クラス1着
18年2着馬 2番人気 前走1勝クラス1着

 

前走クラスによって
前走着順の条件が
変わってくる
ワケですが、ただ
上記いずれもが
穴馬の好走多数。

ゆえに穴狙いの方は
2勝クラス組、
1勝クラス組に
注目する策が妙手と
なってきそうです。

 

 

【ポイント2】
関東馬の勝負気配に
注意?

→近10年で
関東馬が(3.1.2.12)、
複勝率33%と健闘。

関西馬の同19%を
大きく上回ります。

地元関東で前週に
同じ秋華賞TRの
紫苑Sが組まれている
日程なのに、あえて
西のトライアルに
ぶつけてくる関東馬=
何らかの勝負に来る
理由がある…という
コトなのでしょう。

 

 

【ポイント3】
阪神施行における
穴の法則?

→最近に阪神で
施行された2017年~
2019年の当レースで
「5番人気以下」で
好走したのは下記5頭。

 

17年1着 ラビットラン  8人気
17年2着 カワキタエンカ 6人気
18年1着 カンタービレ  5人気
18年3着 ラテュロス   13人気
19年2着 ビーチサンバ  6人気

 

この5頭、じつは
共通面に血統事項が
あります。

それは、17年1着の
ラビットランを除く
4頭が「サンデー×
ノーザンダンサー」の
父×母父の組合せ。
(父×母父は馬に
よっては逆)

しかも4頭中3頭の
ノーザンダンサー系=
下記のように小系統・
ヴァイスリージェントで
あるコトです。

 

17年2着 カワキタエンカ 6人気
  父  ディープ
  母父 ヴァイスリージェント系

18年3着 ラテュロス  13人気
  父  ディープ
  母父 ヴァイスリージェント系

19年2着 ビーチサンバ 6人気
  父  ヴァイスリージェント系
  母父 サンデー

 

これだけ偏って
当組成が出現している=
当レースにその適性が
合っている、というコト。

今年も「該当馬」が
もし出走していれば
要チェックとなります。

 

 

【ポイント4】
キャリアが多すぎる
馬では厳しい

→近10年の
出走全馬の前走別・
成績を診てください。

 

6走以下 複勝率25% 7.8.2.52
7~9走  複勝率20% 3.1.8.47
10走超  複勝率 5% 0.1.0.19

 

セントライト記念と
同様の傾向ですが、
キャリアの多い馬が
かなり成績不振です。

こちらは牝馬ゆえ
なおさら出がらしの
馬でなく、上積みの
可能性を残している
馬のほうが好走できる
可能性が高いという
コトなのでしょう。

 

 

【ポイント5】
馬ナリで追ってきた
関西馬に注目?

→最近に阪神で
施行された2017年~
2019年の出走馬の
最終調教の場所別・
成績を診てください。

 

栗東・馬ナリ  複勝率26% 3.1.2.17
栗東・強め一杯 複勝率18% 0.2.1.14
——————————-
美浦・馬ナリ  複勝率 0% 0.0.0.4 
美浦・強め一杯 複勝率 0% 0.0.0.1

 

このように関西馬で
馬ナリ調教の馬が
最もアベレージ優秀。
しかも3勝すべてが
この組です。牝馬の
レースですし、直前で
目一杯にやらざるを
得ない馬では苦しい、
というコトでしょう。

 

 

【ポイント6】
距離短縮馬の
成績が好調

→オークス経由馬が
好調ですから必然の
話でもありますが、
距離短縮馬のほうが
距離延長馬よりも
成績が優秀です。
近10年の成績は
下記のとおり。

 

距離短縮  複勝率27% 9.7.4.54
同距離   複勝率13% 0.2.3.33
距離延長  複勝率14% 1.1.3.31

 

 

以上6点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

 

 

———–
ローズS   ポイント2・3 該当馬

【ポイント2/関東馬】 3頭
  ブレイディヴェーグ
  ラファドゥラ
  リサリサ

【ポイント3/サンデー×ヴァイスリージェント配合】 1頭
  セーヌドゥレーヴ

 

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

田中洋平がすぐ使えるコンピ攻略法をプレゼント