『誰も意識しなくなった元地方騎手がオイシイ理由』田中洋平

 

今日は久々に地方出身の騎手に注目したいと思います。

 

地方出身のJAR所属の騎手は、

 

岩田康誠

内田博幸

柴山雄一

小牧太

岡田祥嗣

戸崎圭太

 

現役だとこの6人だと思います。

 

2013年に戸崎騎手と岡田騎手が移籍下のを最後に、

地方競馬からの移籍はなし。

 

一時期に比べて、すっかりJRAに馴染んでしまった感もあります。

 

となると、そろそろあのイメージが復活するのでは?

 

と思い調べてみました。

 

データは2016年のもの

——————————————

◆岩田康誠

(芝)

勝率6% 連対率15% 複勝率26%

単勝回収率31% 複勝回収率62%

(ダート)

勝率10% 連対率21% 複勝率32%

単勝回収率58% 複勝回収率70%

——————————————

◆内田博幸

(芝)

勝率8% 連対率16% 複勝率22%

単勝回収率45% 複勝回収率60%

(ダート)

勝率12% 連対率20% 複勝率27%

単勝回収率90% 複勝回収率65%

——————————————

◆岡田祥嗣

(芝)

勝率0% 連対率0% 複勝率0%

単勝回収率0% 複勝回収率0%

(ダート)

勝率7% 連対率18% 複勝率22%

単勝回収率169% 複勝回収率114%

——————————————

◆小牧太

(芝)

勝率6% 連対率11% 複勝率20%

単勝回収率45% 複勝回収率71%

(ダート)

勝率7% 連対率15% 複勝率21%

単勝回収率98% 複勝回収率83%

——————————————

◆柴山雄一

(芝)

勝率7% 連対率16% 複勝率23%

単勝回収率64% 複勝回収率61%

(ダート)

勝率7% 連対率13% 複勝率20%

単勝回収率92% 複勝回収率92%

——————————————

◆戸崎圭太

(芝)

勝率19% 連対率34% 複勝率44%

単勝回収率71% 複勝回収率78%

(ダート)

勝率20% 連対率32% 複勝率43%

単勝回収率87% 複勝回収率73%

——————————————

どうです?

 

芝よりもダートの方が回収率が高い傾向ですよね。

 

絶不調の岩田騎手を除けば、ダートの単勝回収率は96%になります。

 

さらに岡田騎手は、成績が極端すぎて面白いですよね。

 

数年前だったら「地方騎手=ダート」というイメージが強かったですが、

今はその地方出身の騎手というイメージが弱いので、

「地方騎手+ダート」という組み合わせでも、高回収率になります。

 

これぞまさに【ザ・競馬】という感じですね。

 

世間に忘れられた頃が配当的に一番オイシイというやつです。

 

「なんか最近〇〇が熱いらしいぜ!」

 

と聞こえ始めたころには、熱いパターンはもう終わりかけで、

急いで飛び付いたけど逆に損をした。

 

そんな経験、たくさんあると思います。

 

稼げる大人になるには、

 

「熱いのが冷めて誰も見向きしなくなったパターン」

 

を探すようにするとお宝を発見できる可能性大でしょう。

 

そして、地方騎手はダート戦が得意ですが、

あの状態に入った時も得意でしたよね。

 

これは次の記事で書きたいと思います。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録

    『誰も意識しなくなった元地方騎手がオイシイ理由』田中洋平”へ1件のコメント

    この投稿はコメントできません。