『フェブラリーSで2着だったケイティブレイブを買うか?』田中洋平

 

2020年のフェブラリーSの2着馬は、

単勝142.6倍でブービー人気だったケイティブレイブ。

 

そして同じ週に行われた小倉大賞典の2着馬は、

単勝40.5倍で10番人気だったドゥオーモ。

 

この2頭に共通するのは、どちらも7歳馬だということ。

 

このように大きなレースで高齢馬が活躍すると、

やっぱり過去に実績のある高齢馬は侮れないな!と気にする人が増えます。

 

でも実際のところ、高齢馬の成績はイマイチ。

 

下記は3歳以上の古馬と混じってレースをする、馬齢別の成績です。

 

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 1234- 1053- 1014- 9384/12685 9.7% 18.0% 26.0% 75 74
4歳 2195- 2115- 1961-19862/26133 8.4% 16.5% 24.0% 72 76
5歳 1262- 1326- 1408-14354/18350 6.9% 14.1% 21.8% 75 76
6歳 362- 499- 560- 7791/ 9212 3.9% 9.3% 15.4% 67 70
7歳 96- 123- 170- 3243/ 3632 2.6% 6.0% 10.7% 77 66
8歳 14- 37- 44- 1154/ 1249 1.1% 4.1% 7.6% 33 56

 

 

フレッシュな3歳馬、

充実期を迎えている4歳馬の成績が良いことが分かります。

 

このように6歳以上の高齢馬は、若い馬に比べて成績が悪い。

 

しかし大レースで好走されると、

次から気になって、ついつい買い目に入れてしまう。

 

こんな人が多いのです。

 

では次にクラス別で、馬齢別の成績を見てみましょう。

 

◆1勝クラス

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 865- 760- 741- 7524/ 9890 8.7% 16.4% 23.9% 74 74
4歳 1217- 1203- 1171-13327/16918 7.2% 14.3% 21.2% 70 75
5歳 506- 570- 598- 6651/ 8325 6.1% 12.9% 20.1% 66 72
6歳 90- 138- 147- 1973/ 2348 3.8% 9.7% 16.0% 62 67
7歳 15- 14- 34- 478/ 541 2.8% 5.4% 11.6% 30 49
8歳 0- 3- 3- 73/ 79 0.0% 3.8% 7.6% 0 120

 

◆2勝クラス

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 282- 217- 213- 1410/ 2122 13.3% 23.5% 33.6% 81 78
4歳 588- 568- 508- 4348/ 6012 9.8% 19.2% 27.7% 78 78
5歳 371- 405- 420- 4561/ 5757 6.4% 13.5% 20.8% 81 77
6歳 115- 153- 190- 2668/ 3126 3.7% 8.6% 14.7% 73 70
7歳 26- 31- 44- 971/ 1072 2.4% 5.3% 9.4% 57 62
8歳 3- 10- 9- 340/ 362 0.8% 3.6% 6.1% 8 50

 

◆3勝クラス

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 44- 44- 36- 219/ 343 12.8% 25.7% 36.2% 57 76
4歳 245- 202- 168-1218/1833 13.4% 24.4% 33.6% 82 78
5歳 194- 196- 222-1762/2374 8.2% 16.4% 25.8% 93 85
6歳 64- 98- 105-1520/1787 3.6% 9.1% 14.9% 71 75
7歳 26- 27- 38- 779/ 870 3.0% 6.1% 10.5% 107 64
8歳 4- 7- 4- 285/ 300 1.3% 3.7% 5.0% 81 33

 

◆オープン

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 17- 13- 12- 90/ 132 12.9% 22.7% 31.8% 85 73
4歳 52- 52- 42- 359/ 505 10.3% 20.6% 28.9% 61 70
5歳 108- 77- 81- 588/ 854 12.6% 21.7% 31.1% 94 87
6歳 50- 68- 60- 810/ 988 5.1% 11.9% 18.0% 60 67
7歳 15- 27- 36- 564/ 642 2.3% 6.5% 12.1% 75 87
8歳 5- 9- 16- 246/ 276 1.8% 5.1% 10.9% 47 65

 

◆重賞

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 26- 19- 12- 141/ 198 13.1% 22.7% 28.8% 64 71
4歳 93- 90- 72- 610/ 865 10.8% 21.2% 29.5% 62 74
5歳 83- 78- 87- 792/1040 8.0% 15.5% 23.8% 62 80
6歳 43- 42- 58- 820/ 963 4.5% 8.8% 14.8% 65 74
7歳 14- 24- 18- 451/ 507 2.8% 7.5% 11.0% 123 68
8歳 2- 8- 12- 210/ 232 0.9% 4.3% 9.5% 6 61

 

 

こうやってみると、

クラスが上がるほど高齢馬が活躍する傾向です。

 

といっても、少しだけですけどね。

 

では最後に高齢馬(7歳以上)のクラス別の成績です。

 

クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1勝 15- 17- 37- 551/ 620 2.4% 5.2% 11.1% 26 58
2勝 29- 41- 53-1311/1434 2.0% 4.9% 8.6% 45 59
3勝 30- 34- 42-1064/1170 2.6% 5.5% 9.1% 100 56
OPEN他 13- 28- 41- 653/ 735 1.8% 5.6% 11.2% 62 77
OPEN(L) 7- 8- 11- 157/ 183 3.8% 8.2% 14.2% 84 96
G3 12- 18- 17- 383/ 430 2.8% 7.0% 10.9% 136 77
G2 3- 10- 8- 170/ 191 1.6% 6.8% 11.0% 21 47
G1 1- 4- 5- 108/ 118 0.8% 4.2% 8.5% 10 58

 

 

平均すると連対率は5.5%ほど。

 

ざっくりですが、50回に1回は2着内に入る計算です。

 

たった50回に1回ですからね。

 

この1回を警戒して、ずっと買い目に入れ続けるのか。

 

それとも「来たら仕方がない」と割り切ってバッサリ切るのか。

 

私なら、よっぽど強調材料がない限り切る、

または軽く抑える程度のランクで扱う感じです。

 

あなたならどうしますか?

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録