『青葉賞2022の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「青葉賞」の
穴馬探しを
お届けします。

青葉賞は
4月30日(土)に
東京芝2400mで
行われる、注目の
ダービートライアル。

1着馬・2着馬に
日本ダービーへの
優先出走権が
与えられます。

土曜施行ですので
さっそく青葉賞の
ポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】
先週の東京の芝に
ついて

→意外に差しが効く年も
結構ある「春開催序盤の
東京芝」の傾向ですが、
先週は前が有利。外目が
全く届かなかったワケでは
無いですが、普通に前が
有利な馬場でした。

次週末についても
週中に雨が降らない限り
大きく傾向が変わる事は
考えづらく、引き続き
ポジションを取れそうな
馬を重視する策で大きな
間違いは無いでしょう。

【ポイント2】
芝2200m超での
連対実績をチェック

→青葉賞のキモです。
じつはこのレースでは、
「芝2200m超の距離で
連対実績のある馬」が、
多く好走しています。

下記を診てください。

◆近7年の青葉賞で…

 青葉賞以前に
 「芝2200m超のレース」で
 連対実績があった馬  複勝率28% 4.4.5.33
 連対実績がなかった馬 複勝率12% 3.3.2.59

このように、両者の
複勝率はダブルスコア超。
ここまで成績差が
出ているという事は
何か理由があるワケで、
決して無視できません。

昨年も、
低人気で3着に走って
配当を引き上げた
レッドヴェロシティが
芝2200mでの連対が
あった馬でした。

【ポイント3】
前走未勝利戦、
オープン特別の
経由馬が大苦戦

→近10年の前走別の
成績を診てください。

未勝利戦   複勝率  0% 0.0.0.16
1勝クラス  複勝率23% 6.7.8.71
オープン特別 複勝率  6% 0.0.1.15
重賞     複勝率19% 4.3.1.34

このように、傾向は
かなり極端です。

前走で未勝利戦を
勝ってきたばかりの
馬は(0.0.0.16)と
全滅。

また、前走で
オープン特別を
使ってきた馬も
かなり不振です。

特に後者は、前走で
重賞ではなくすでに
格落ちメンバー落ちの
オープン特別をあえて
使っていたような
現況の馬では、ココに
入るとさすがに厳しいと
いう事でしょう。

【ポイント4】
キャリア7走超の馬が
大苦戦

→タイトルどおり。
近10年のキャリア別の
成績を診てください。
7走超の馬では、もう
上積みが望めないという
ことなのか成績が全く
振るいません。

2走  複勝率30%  0.0.3.7
3走  複勝率13%  1.2.1.26
4走  複勝率27%  5.1.3.25
5走  複勝率21%  1.5.2.30
6走  複勝率20%  2.2.1.20
7走超 複勝率  3%  1.0.0.28

【ポイント5】
ウッド>坂路

→近6年の当レースの
最終追い切りの場所別の
成績を診てください。

栗東坂路   複勝率17% 2.3.1.29
栗東Cウッド 複勝率29% 2.1.1.10
——————————
美浦坂路   複勝率  0% 0.0.0.6
美浦ウッド  複勝率22% 2.2.4.28
——————————
ポリトラック 複勝率  0% 0.0.0.1 

栗東も美浦も明らかに
「ウッド>坂路」。

ダービーのチケットを
ガチで奪い合うレース。
舞台は東京芝2400m。
芝の設定はやや深め。

距離ぶんのスタミナと
底力がガチで問われる
条件が揃っていますから
スタミナも含む総合力を
鍛えるコース追いの馬に
アドバンテージが働いて
いるのかもしれません。

【ポイント6】
8枠馬が大不振

→タイトルどおり。
近10年で連対ゼロで
なんと(0.0.1.26)。

ここまで極端ですと、
原因うんぬんではなく、
シンプルに軽視する策が
妥当でしょう。

1枠 複勝率22% 2.1.1.14
2枠 複勝率22% 1.3.0.14
3枠 複勝率17% 1.0.2.15
4枠 複勝率32% 2.2.2.13
5枠 複勝率30% 2.1.3.14
6枠 複勝率10% 1.1.0.18
7枠 複勝率15% 1.2.1.22
8枠 複勝率  4% 0.0.1.26。

【ポイント7】
目イチ仕上げの馬を
狙いたい

→青葉賞でダービーの
優先出走権を獲った馬が
肝心のダービー本番で
1回も勝っていない事は
皆さんご存じのとおり。

なぜ青葉賞組が
ダービーを勝てないかと
いえば、ダービー出走権を
確保するために青葉賞で
目イチ仕上げが施されて
いることが多く、肝心の
ダービーの時点で余力が
残っていないから。

つまり、裏返せば
青葉賞では「ダービーの
体調の事など考えず(?)
とにかくダービー出走圏の
確保へ向けて、目イチの
仕上げを施された馬」を
狙う事が肝要になります。

調教過程などから分かる
今回いかにも仕上げてきた
馬に狙いを定め、しっかり
今回狙って走ってもらう。

しかし、ダービーでは
狙わずに凡走してもらう。

コレが馬券作戦上で
ベストのシナリオですから
いつも以上に調整過程を
要チェックの一戦です。

以上7点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

青葉賞  ポイント2~4 該当馬

【ポイント2/芝2200m超で連対実績ある馬】 0頭
  キタイ

【ポイント3/前走が未勝利戦またはオープン特別】▼軽視馬として 0頭
  エヴァ

【ポイント4/キャリア7走超】▼軽視馬として 0頭
  キタイ

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

データ競馬:TARGET frontier JV


・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓