『オークス2022の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「オークス」の
穴馬探しをお届けします。

オークスは
5月22日(日)に
東京マイルで行われる、
3歳牝馬限定のG1です。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
近年の「大穴馬」の
共通項とは?

→2018年までは
1~3着まで比較的平穏な
決着が続いていましたが
近3年は、下記のように
2ケタ人気の「大穴馬」が
2着3着に激走中です。

19年2着 カレンブーケド-ル 12番人気
20年3着 ウインマイティー  13番人気
21年3着 ハギノピリナ    16番人気

この大穴馬3頭には
以下4つの「共通項」が
ありました。

◆前走で
 「桜花賞ではないレース」に
 出走して1着だった

◆前走では1~3番人気の
 「上位人気馬」だった

◆近2走とも
 4角地点で3番手より
 「後ろ」の位置にいた

◆ここまでの出走キャリアは
 6走以内

カレンブーケド-ル・
ウインマイティー・
ハギノピリナは
いずれも、上記4点に
該当していたのです。

つまり…
前走で「非G1」とはいえ
一応は人気に推されていた
ほどの実力は秘めており
しかもそこできっちりと
勝ちきってきた。

さらに(今回のオークスに
おいては不利となる)前に
行きすぎた競馬を近走で
しておらず、ここまでの
出走キャリアも程々の馬が
近3年で大穴を提供中…と
いうワケです。

今年、この5条件に
パーフェクト該当する
穴候補がいるかいないか?

それを見繕うのも、
穴探しの作業として
有用かもしれません

【ポイント2】
キンカメ産駒に
鬼門のレース

→近10年の種牡馬別の
成績を診てください。

ゴールドシップ  複勝率100% 1.0.1.0
エピファネイア  複勝率50% 1.0.0.1
スクリーンヒーロー複勝率33% 0.1.0.2
ディープ     複勝率29% 4.5.3.29
ル-ラ-シップ  複勝率17% 0.1.0.5
キズナ      複勝率17% 0.0.1.5
ハ-ビンジャー  複勝率17% 0.1.0.5
———————————-
ステイゴールド  複勝率14% 0.0.1.6
ハ-ツクライ   複勝率11% 1.0.1.17 
キングカメハメハ 複勝率  8% 0.1.0.11

ステイゴールド、
ハ-ツクライ、
キングカメハメハ。

オークスでは
この主要種牡馬トリオの
産駒が不振です。

特にキンカメ産駒は
複勝率10%にも届かず。
唯一2着に好走したのも
2番人気の馬でした。
(16年チェッキーノ)

オークスで好走するために
求められる素養と、各馬が
備えている素養が微妙に
ズレているのでしょう。

今年はステイゴールド、
ハ-ツクライの産駒は
出走しませんが
キングカメハメハ産駒は
有力馬が出走予定です

【ポイント3】
今年の桜花賞の結果からの
「狙いどころ」は?

→今年の桜花賞は
10着まで0秒3差の大混戦。
つまり1着でも10着でも
ほとんど力差が無かった
レースでした。

しかも内が伸びる馬場の
バイアスが発生。そんな
特殊馬場を「短距離志向の
内枠馬」が存分に活かして
2着3着に入線する結果も
発生しています。

ですから外枠=それだけで
厳しかった状況ですし、
外枠で4着~10着に負けた
馬でも、状況的に今年は
オークスで見捨てることは
全くできないと言えます。
当日のオッズ次第では
それらの馬も狙い目十分と
なってくるでしょう

【ポイント4】
15番枠から外枠は
圧倒的に不利?

→近10年の枠別の
成績を診てください。
15~18番枠は極端に
成績がダウンします。

01~02番枠 複勝率25% 1.2.2.15
03~05番枠 複勝率21% 3.0.3.22
06~08番枠 複勝率10% 0.1.2.27
09~11番枠 複勝率20% 3.3.0.24
12~14番枠 複勝率23% 3.3.1.23
15~18番枠 複勝率  8% 0.1.2.37

【ポイント5】
逃げた馬が不振

→近10年(0.0.0.10)。
2011年ピュアブリーゼが
2着に逃げ粘って以降、
逃げた馬は全滅中です

【ポイント6】
馬ナリ調教馬が強い

→タイトルどおり。
近5年の最終調教の
「強さ別・成績」を
診てください。
馬ナリ調教馬が優勢。

馬ナリ   複勝率18% 5.2.4.50
強め・一杯 複勝率14% 0.3.1.24

全5勝が馬ナリ調教馬。
昨年も馬ナリ調教馬の
ワンツースリーでした。

牝馬の2400m戦で
折り合いがとにかく
大切になってきますから、
直前は馬ナリ調教で
済ませておくほうが
レースでも結果が出やすい、
ということでしょうか。

また春の3歳牝馬戦線の
ラストを飾る大一番直前の
この段階で、目一杯に
追っているような馬では
そもそもの仕上がり的にも
不安あり、というコトも
言えるかもしれません

【ポイント7】
キャリア7走超の馬は
かなり厳しい

→近10年の
出走レース数別の成績を
診てください。

3走以下 複勝率17% 2.0.1.15
4走   複勝率28% 3.4.3.26
5走   複勝率29% 3.6.3.29
6走   複勝率11% 2.0.2.34
7走超  複勝率  2% 0.0.1.44

このように7走を
超えるとアベレージが
一気に急落。明らかに
「キャリアが極端に多い
馬は苦戦」の傾向です。

キャリアが極端に多い=
すでに「上積み」にも
乏しいですから、各馬が
伸び盛り状態で出てくる
このレースではさすがに
厳しくなるのでしょう。

以上7点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

オークス  ポイント1~3 該当馬

【ポイント1/近3年大穴馬と同パターンの馬】 1頭
  アートハウス

【ポイント2/キンカメ産駒】 ▼軽視馬として 2頭
  エリカヴィ-タ
  スタニングローズ

【ポイント3/桜花賞外枠で4~10着だった馬】 3頭
  サークルオブライフ 16番枠 4着
  ベルクレスタ    12番枠 7着
  ナミュール     18番枠 10着

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?