『シルクロードS2023の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「シルクロードS」の
穴馬探しを
お届けします。

シルクロードSは
1月29日(日)に
今年も中京で行われる
スプリント重賞。

3月26日に
同所で行われる
高松宮記念の
前哨戦となります。

早速、当レースの
ポイントを幾つか
お伝えしましょう。

なお、
シルクロードSは
2021年・2022年と
中京で行われており
中京施行は今年で
3回目となります。

 

 

 

【ポイント1】
とにかく
坂路調教馬がこない!

→中京で行われた
2021・2022年の
シルクロードSの
「最終調教場所」別の
成績を診てください。

 

坂路  複勝率 9% 1.1.0.20
ウッド 複勝率36% 1.1.2.7

 

このように圧倒的に
「坂路<ウッド」。

坂路は主にパワーと
スピードを、ウッドは
スタミナを加えた
総合力を強化できる
調教メニューと当欄は
位置付けていますが、
消耗馬場で行われる
中京施行の当レースは
総合力が問われる、と
いう事なのでしょうか。

スプリント戦ですから
普通なら坂路優勢の
現象が出るハズですが
中京の当レースに限っては
まさに真逆の傾向。
ともあれここまで極端な
傾向が出ていますので
今年も留意します。

 

 

【ポイント2】
前走で前に
行きすぎていた馬では
キツい?

→中京で施行された
近2年に限った、
前走4角位置別の成績を
診てください。

 

前から5番手以内 複勝率11% 0.0.1.8
6番手よりも後ろ 複勝率21% 2.2.1.19

 

一目瞭然でしょう。
前走で「前」に行った
馬が苦しんでいるのが
中京施行における
シルクロードSです。
連対ゼロ。

タフな馬場状態、展開、
外差しも届く1200mの
元々の傾向など要因は
色々と考えられますが
この点についても、
ココまで明確な傾向が
出ているからには参考と
したいところです。

 

 

【ポイント3】
体が大きくない馬も
こない!

→中京で行われた
2021・2022年の
シルクロードSの
「馬体重」別の
成績を診てください。

 

470キロ以下 複勝率 0% 0.0.0.7
472キロ以上 複勝率21% 2.2.2.23

 

これまた明暗クッキリ。
このように470キロに
満たない馬が全滅です。
前述したようにタフな
要素が多く揃っている
レースですから馬格が
大きい馬の方が対応可、
という事なのでしょう。

 

 

【ポイント4】
どうした?
ロードカナロア産駒

→じつは昨年12月~
先週、つまりこの冬の
中京芝1200m戦で
ロードカナロア産駒が
絶不調です。先週まで
11頭出走(0.1.0.10)。

しかも、着外の
10頭すべて6着以下と
掲示板にすらほとんど
載れていません。負けの
内容が非常に悪い印象。

今冬の中京低速馬場が
合っておらず、産駒の
良さが出せていないと
いうことでしょうか。

ちなみに、同期間の
中京芝1200m戦でも
(0.1.1.6)と未勝利。
芝の全距離通算でも
(5.3.3.35)と低調、
複勝率24%ですから
やはり今の馬場が
要因かもしれません。

 

 

【ポイント5】
距離短縮馬では
苦しい?

→昨年12月~先週、
つまりこの冬の
中京芝1200m戦の
全出走馬における
前走距離別成績を
診てください。

 

前走から距離短縮 複勝率12% 0.2.1.23
前走と同距離   複勝率29% 7.5.6.45

 

このように前走から
距離短縮してきた馬の
成績が振るいません。

目下のタフな馬場なら
直近で長めの距離を
使っていたような馬に
アドバンテージが
あって不思議ナシですが
ここまでの大差がついて
いますので、何らかの
要因で1200mの距離を
直近で体感してきた馬に
むしろ利が働いていると
診たいと思います。

 

 

【ポイント6】
明け4歳馬が優勢

→当データは施行場に
関連性が薄い話ですので
近10年でお伝えします。

近10年の馬齢別の
成績を診てください。
明け4歳馬が優勢です。
ちなみに複勝回収率も
115%とベタ買いでも
儲かるレベルで走って
います。

 

4歳  複勝率43% 3.1.2.8
5歳  複勝率16% 1.2.0.16
6歳  複勝率16% 1.2.2.26
7歳上 複勝率 4% 0.0.1.25

 

 

 

 

以上6点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

 

 

 

シルクロードS ポイント2・5 該当馬

【ポイント2/前走4角位置が前から5番手以内】 ▼軽視馬として 7頭
  カフジテドラゴン
  キルロード
  グルーヴィット
  ジャスパージャック
  テイエムスパーダ
  トウシンマカオ
  マッドクール

【ポイント5/距離短縮馬】 ▼軽視馬として 1頭
  レイハリア

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

田中洋平がすぐ使えるコンピ攻略法をプレゼント