『神戸新聞杯2020の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「神戸新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

神戸新聞杯は
9月27日(日)に
中京芝2200mで行われる
菊花賞トライアル。

今年は、いつもの
阪神2400mではなく
中京2200mで行われます。

さっそく、当レースの
ポイントを記します。

 

 

 

【ポイント1】
今年は舞台も距離も
まったく違う

→例年は阪神2400mで
行われている当レース。

いつも当欄でお伝えして
いますが、阪神2400mで
行われる毎年の当レースでは
「阪神の芝外回り戦で速い
上がりで上がった実績を
持っている馬」がバンバン
馬券に絡んでいます。

基本的に位置取り不問。
距離分のスタミナも全く
不要。道中スローから
上がり脚の速さ「だけ」を
競う流れになるからです。

しかし、今年は舞台が
替わるためその傾向は
関係なくなります。

中京の芝2200mは
基本的には中京2000mと
同様に「好ポジションから
ソコソコ速い上がり脚を
使う馬が強い」舞台です。
ゆえに程々のポジションを
確保できる機動力が必要。

(ただ、同じ中京でも
 芝2000m戦と比べれば、
 少し差しは効きます)

そして、阪神芝2400mは
上がり勝負一本の舞台ゆえ
距離ぶんのスタミナは全く
不要ですが、中京2200mは
距離ぶんのスタミナは
必要になるコースです。

よって今年の神戸新聞杯は、
距離こそ例年より短く
なるものの、スタミナは
例年よりもかえって必要。
また、速い上がり脚を
持つものの後方一気の
極端な脚質のタイプでは
苦しく、程々の位置は
とれる機動力が必要。

まずは、それらを頭に
入れておきたい一戦と
なります。

 

 

【ポイント2】
ダービー組強し

 

→近10年の出走馬の
前走別成績を診てください。
前走「ダービー出走馬」が
明らかに優勢です。なんと
近10年で9勝・15連対。

 

ダービー    複勝率41% 9.6.2.25
ラジオNIKKEI  複勝率43% 0.1.2.4
オープン特別  複勝率17% 0.0.1.5
3勝クラス   複勝率20% 1.0.0.4
2勝クラス   複勝率16% 0.3.3.31
1勝クラス   複勝率00% 0.0.0.23

 

 

【ポイント3】
あえて
ダービー不出走馬を
狙う場合は「基準」が
あるので注意

 

→それでも「ダービーに
不出走だった馬」を
どうしても狙いたい場合、
取捨基準に明確なものが
存在しますのでご参考に
どうぞ。

下記を診てください。

 

10年3着 ビッグウィーク  ○
11年3着 フレールジャック ◆
12年2着 ロードアクレイム ◆
12年3着 マウントシャスタ ◆
13年2着 マジェスティハ- ○
13年3着 サトノノプレス  ○
15年3着 トーセンバジル
16年2着 ミッキーロケット ○
18年3着 メイショウテッコ ◆
19年3着 ワールドプレミア ◆

 

これは、近10年の
神戸新聞杯で3着以内に
好走した30頭のうち
「ダービー不出走」だった
全10頭の顔ぶれです。

○印=前走2勝クラスで
連対した馬。

◆印=前走でダービー以外の
重賞orクラシックのTR戦に
出走していた馬。

10頭中9頭にどちらかの
印が付きました。

つまり、どちらかの
履歴を持つ馬なら
ダービー不出走でも
神戸新聞杯で好走できる
ワケです。

○印の馬について、
3歳秋の重賞レースでは、
よく「古馬混合2勝クラスで
好走した馬は通用する」と
言われますが、神戸新聞杯も
それに該当するということ。

また◆印の馬について、
前走でダービーには
出走しなかったものの
重賞やクラシックTRには
出走していた、いわゆる
「重賞級」の素質馬なら
走れるとも言えます。

つまり、逆に言えば
「ダービーに出走せず
しかも前走2勝クラスでも
連対できず or 前走で
重賞やクラシックTRにも
出走せず」といった馬では
勢いも格も足らないため、
当レースで穴をあける
可能性は極めて低い、と
いうことになるワケです。

 

 

【ポイント4】
今秋の中京芝2200mの
注目血統傾向?

 

→今開催の中京で
芝2200m戦は3クラが
行われましたが、全ての
レースで、父or母父が
「ディープ系」の馬と、
「キングマンボ系」の
馬が1頭以上、馬券に
絡んでいます。

 

13日 ムーンライト
 1着 父ディープ系 
 2着 母父キングマンボ系   

20日 小牧特別
 1着 母父ディープ系  
 3着 父キングマンボ系、母父ディープ系 

21日 金山特別
 3着 父ディープ系、母父キングマンボ系 

 

特に注目したいのは
20日・21日の3着馬。
どちらも「ディープ系×
キングマンボ系」の
配合馬でしたが、実は
2頭とも、そのレースで
馬券圏に好走した馬の
中で最も人気薄でした。

ディープ系も
キングマンボ系も
野芝の高速決着レースに
めっぽう強い筋。

この配合をダブルで濃く
備えているような馬なら、
たとえ「実力一枚落ちの
低人気馬」でも(今の
中京芝2200m戦なら)
戦える、ということを
示唆しているのかも
しれません。

 

 

 

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

頭脳派のシベリアンが贈る究極のロジック!

頭脳派のシベリアンが贈る究極のロジック!あなたが考え付かない複勝率50%回収率150%の馬券術を、今なら期間限定で無料プレゼント中!